ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

霞沢岳での冬合宿を終えた後、その日の午後から荒井助監督と氷熊コーチに五竜岳へと連れていっていただきました。
メンバーは荒井助監督、氷熊コーチ、印南先輩(2年)、鈴木(1年)、小林(1年)、中原(1年)です。

12/29
初日は五竜遠見スキー場の上部にある法政の遠見ヒュッテへゴンドラで移動しました。
ちょうど、その期間中はワンダーフォーゲル部の皆さんが合宿を行っており、お邪魔させていただきました。
夕食を済ませた後は、ワンゲルさんのお誘いで宴会に参加させていただきました。
普段交流があまり無かったので、お互いを知る良い機会となりました。


12/30
今日の予定としては、小遠見~中遠見~大遠見~白岳~五竜の日帰りピストン。

早朝3時に、ヘッドライトのあかりを頼りに出発
f0182938_1985465.jpg


歩きはじめて数分するとスキー場外へ、そこからは雪の量も増え足首が埋まる程に
トップの荒井助監督、氷熊コーチの素晴らしルートファインディングによりどんどんと進んでいきます。登山歴1年の自分では、どこを歩いていいのか見当もつきませんでした...
OBさんの技術はやはりすごいと感じました。

その後も進むにつれて雪は深くなっていきました。そして目の前には素晴らしい景色が!

f0182938_23371865.jpg

雪がどっしりとのっている五竜岳の迫力は素晴らしいもので、これぞ雪山ってかんじでした。

白岳近くではラッセルも腰から胸辺りになり、僕は悪戦苦闘してしまいました。
f0182938_23452037.jpg


白岳の頂上に立つと、そこには辺りが開けますます美しい景色が広がっていました。
f0182938_23483322.jpg


しかし、時間の関係で五竜へは向かわないことになりました。

行きのトレースを引き返します。
f0182938_23543722.jpg


4時間ほど下り、午後3時頃に無事遠見ヒュッテに到着しました。初の12時間行動ということもあり疲労はかなりあったものの、今までの山行では感じたことのない達成感がありました。


今回の山行は、荒井助監督・氷熊コーチの力によって登らせて頂きました。しかし、いつか近いうちに現役の力だけで登頂できるぐらいのレベルになりたいです。

今回の山行で大変お世話になった荒井助監督、氷熊コーチ、ワンゲルの皆様、ありがとうございました。

1年 中原
by hacblog | 2016-01-02 00:22 | 個人山行 | Trackback | Comments(2)
12.24(日)25(月)

クリスマスイブの寒空の下、先発隊は橋谷田監督、池田OB、井藤さんに見送られ松本に出発。松本駅でステビを行い、夜明けを待つ。
タクシーで釜トンネル前まで行き、CS1を目指す。雪が散らついていたが警備員のおじさんは今年は雪が少ないと言っていた。30分ほどでCS1に到着。ワカンで歩いたり懸垂下降などを2時間ほど行い、監督からのクリスマスプレゼントであるA5ランクの牛肉を美味しく頂き就寝。
f0182938_21442511.jpg


12.26(火)

後発隊と合流し、CS2を目指す。雪が少なく上手く進まない。樹林帯をかき分け登っていく。天気は曇りで風が少しあった。CS2付近に着いたものの、テン場がなかなか見つからなかった。なんとかスペースを確保できた。明日は天気が悪いという予報だったのでどうなるか。
f0182938_21452733.jpg


12.27(水)

朝から風が強く少し吹雪いていて天気が悪かった。しかし、稜線まで出てみないと分からないのでとりあえず出発。やはり風が吹いている。しかし行けるぐらいだったのでそのまま行くことに。ロープワークも荒井助監督の助けもありスムーズに行えた。山頂付近は視界も悪かったが、登頂。素早くCS2まで下山。
f0182938_21432624.jpg


今回はアタックだけで、雪も少なくワカンの練習やラッセルの練習もできなかった。来年はもう少し濃い合宿にしたいですね。

古川
by hacblog | 2016-01-01 21:51 | 合宿 | Trackback | Comments(0)