ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

静岡の方では大分桜が咲いております。
社会人目前の、これが最後の投稿になります、池下です。


無事卒業、卒部を迎えられまして、この場をお借りして諸先輩方、現役部員の皆に心からお礼を申し上げたいと思います。

くじけそうでも、最後までくじけず来られたのは皆様のおかげです。

また、他大学の山岳部の皆様、法政大学WV部の皆様、皆様とお話しや情報交換をすることによって、なけなしの負けず嫌いさで「皆に負けないように頑張るぞー!」とモチベーションを保ちながらやってこられました。


私は立派なリーダーではありませんでしたが、多くの方達に支えられてここまできました。この4年間の経験は、私にとって大きな財産であります。


楽しいこともありました。ですが、苦しかったことの方が多かったかもしれません。

その分、法政大学山岳部には、深い愛着があります。ですから、我が山岳部はどこにも負けない、1番の山岳部であってほしい。
他大学の山岳部の素晴らしさは知っていますので、軽視をしているわけではありません。愛着ゆえに、そうであってほしい、そうなっていってほしいと願います。


代によってカラーが違います。その代ごとに、自分たちが納得できるような活動をしていけばいいのだと思います。
しかし、「らしさ」は忘れてはほしくない。

法政大学校歌に
「進取の気性 質実の風」とある。私はこの言葉が好きだ。

アルパイン部門とフリークライミング部門。まだまだ未完成であるかもしれないが、二つの部門が成り立っていたのは珍しいことだと思う。

これまでの1年間は、アルパイン部門の活動の充実だけではなく、フリークライミング部門といかに連携するか、ひとつの部としてまとめることができるかを考えた。

こう書いたが、果たして成果はあったのかどうか。そう、とても難しい問題だったのだ。この問題(課題かな)を時期主将に引き継ぐのはとても心配であった。

(彼は私の倍悩むことになるだろう…)


しかし、今思う。

もっと悩んでほしい。

時には、部の伝統から逃れたくなるかもしれない。悩むのが面倒くさくなるかもしれない。


しかし、他でもない、全ては自分自身につながっているのだ。

楽しさだけではなく、苦しみや悲しみも結局は自分の原動力となっている。


これは、時期主将だけに宛てたメッセージではない。現役の皆、これから入部してくる後輩達にだ。


私はよく、「この苦しみの先には何があるのだろう」と考えた。しかし、卒業するまではわからないままであった。


しかし、社会人を目前にした今、山の雑誌を手にし、まずはハイキングから始めようかな…と考えていた自分がいた。


やっとわかった。
きっとこれから一生付き合っていくだろうこと。
それは、ただの趣味であったとしても、一生のパートナー。山が好きなんだよ。


人それぞれ、見えるものは違う。しかし、きっと見える。それをみんなにも見てほしい。



遠いような、近いような静岡の地から見守っています。
by hacblog | 2010-03-30 01:06 | Trackback | Comments(4)
2010.3.26(土) 速攻日帰り


荒井助監督と谷川に、山スキーに行ってきました。荒井さんはボードでメチャメチャ上手かったです。
前日(明け方)まで降雪がありましたが、朝は見事な快晴!少し重くはありましたが、3月下旬ということを考えれば上々のパウダーでした!たぶん今シーズン最後のパウダーですかね。

天神平までロープウェイで上がり、そこから山頂までハイクアップ。なかなか人が多かったです。
f0182938_9104773.jpg
↑山頂直下の広大な斜面を滑りました。気持ちよかった。
f0182938_913749.jpg
↑山頂にてパシャリ。

続きを読む
by hacblog | 2010-03-28 09:50 | 合宿 | Trackback | Comments(4)
昨日は山岳部の追いコンがありました。
山岳部卒で、大学を卒業する先輩を送り出す会です。


今年は大平先輩と池下先輩が追い出されました。卒業、おめでとうございます067.gif
社会人として、頑張ってください!
そしてお集まりいただいたOBの方々、ありがとうございました。


朝まで、楽しく話しました。いや~、世の中ミステリーだらけですね。フフフ。


すずき
by hacblog | 2010-03-25 16:26 | イベント | Trackback | Comments(0)
3月13日(土) 風雪のち雪
JP2203m付近AC~岩峰群~P1982m~P1621m付近?CS5

あとは下りるだけけだ。しかし再び天気が悪くなった。天気の移り変わりが早い。もう春だなぁ。

岩峰群までの稜線上は、鈴木、久保田はメガネのため一瞬にして曇り、使いものにならず、池下先輩の目が頼りになる。岩峰群からP1982mまではFix、懸垂下降、コンテなど、すべて(?)のロープワークを総活用しながら、応用しながら一気に駆け下りていく。

P1982mにはナカナカの良い時間に到着したので、もしかしたら今日中に下山、できなくても林道までは下りれるかも!?という淡い期待を抱くが、それはもろくも崩れ去る。
f0182938_11171476.jpg

f0182938_11174435.jpg


続きを読む
by hacblog | 2010-03-24 11:32 | 合宿 | Trackback | Comments(2)
やっと晴れました。豊富な写真とともにどうぞ!

3月12日(金) 晴れ
JP2203m付近AC~竹造(P2417m)~笠ヶ岳山頂~AC

予報通り快晴の朝を迎える。
テントを出発し稜線に上がると、そこには荘厳な景色が広がっていた。夜明け前の静かな景色だ。真上の空は濃い藍色、そして地平線の淡いオレンジ色へと見事なグラデーションだ。三日月も昇っている。遠くには本日の目的地である笠ヶ岳や特徴的なクリヤの頭も見ることができる。
ゆっくりこの素晴らしい景色を堪能したいが、今日の移動距離は長いので、そうもしていられない。
f0182938_0385796.jpg
f0182938_0392598.jpg


続きを読む
by hacblog | 2010-03-23 00:50 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
3月11日(木) 雪
P1982m過ぎのコルCS3~第1岩峰群~第2岩峰群~第3岩峰群~JP2203m~JP2203m付近CS4(AC)

今日も天気が悪い。このテン場なかなか良かったです。80cmぐらい新雪が積もったのですが、テントの周りだけ雪が積もりませんでした。
f0182938_2364980.jpg
f0182938_2373216.jpg


続く
by hacblog | 2010-03-22 02:52 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
f0182938_11175637.jpg

f0182938_11175696.jpg

昨日、今日は箱根・芦ノ湖で、高校山岳部の追いコンがありました。

非常に深イイ話しを聞くことができ、楽しい夜でした。久しぶりに餃子も作ったし...。


夜は物凄い暴風雨でした。でも今朝は風は強いもののスカッと晴れて気持ち良かったです。

気分転換、リフレッシュ、充電ができた2日でした。


鈴木
by hacblog | 2010-03-21 11:17 | プライベート | Trackback | Comments(0)
3月10日(水) 雪のち一時風雪
P1621m手前CS2~P1982m過ぎのコルCS3
鈴木・久保田にてルート工作:~第1岩峰群~第2岩峰群~第3岩峰群手前まで

昨夕16時の気象通報は聞くことができ、天気図を作成することができた。さらに飛騨地方の週間天気予報も聞くことができた。これによると、よければ明日木曜日から明後日金曜日にかけて晴れるとのことだ。できれば明日山頂アタックを行いたいので、今日中に岩峰群を抜けてACを設営したいところだ。

出発する頃、まだ雪は本降りではなかったが、山は唸り声を上げていたので、稜線上は風が強いことが予想できる。

続く
by hacblog | 2010-03-20 12:36 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
3月9日(火) 曇りのち雪
ヒノキ尾取付~ヒノキ尾1621m手前CS2

今日もどんよりとした曇り空だった。テントを撤収していよいよヒノキ尾に取り付く。

まずは重たいガッシャを背負って、慎重に渡渉だ。1日の始まりにびしょ濡れになったら最悪だ。みんな無事に通過すると、今度は尾根上まで急斜面を登る。
でも昨日のトレース付けと朝の低温により、沈まない!!
f0182938_118492.jpg


続き
by hacblog | 2010-03-19 11:31 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
では、春山合宿のレポをUPします。


3月7日(日) 雨のち雪
大学=新宿=(高速バス)平湯温泉=(タクシー)笠谷

出発しようと倉庫の鍵を返しに行ったら、保体の方からチョコの差し入れを頂いた。冷たい雨の降る中を新宿へ向かう。考えてみたら、合宿出発日に雨って、初めてかも・・・。でもそれはそれで、合宿前の心細さと重なっていいもんだ。
新宿では、松原監督、相原さん、北口さんが差し入れを持ってきてくださる。全部すぐに食べてしまいました(笑)。ありがとうございました。

バスは、長野県に入ると雨から雪へと変わり、一安心。冬山で雨は、、、厄介ですよね。
平湯温泉からタクシーに乗り換える。タクシーの運ちゃん曰く「今年は何年ぶりかの大雪」だそうだ。

今夜は「笠谷」というバス停の広場にテントを張る。どうせバスは来ないだろう・・・。何か入山祝いに相応しいものを飲みたかったが、何もない。雪が深々と降っていた。

続き
by hacblog | 2010-03-18 09:13 | 合宿 | Trackback | Comments(0)