ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

法政大学体育会山岳部のホームページを公開します!

以前も、増山先輩に作ってもらったのですが、今回も作ってもらいました。何が変わったかというと、、、更新しやすくなっただけという、管理者側の都合のみです(笑)

これからどんどん形にしていきたいと思います。更新もやっていきたいですね。

部員確保への起死回生になるか!?


法政大学体育会山岳部ホームページ(http://hoseialp.web.officelive.com/default.aspx)
f0182938_12364553.jpg
2008年度冬山合宿(北アルプス・常念岳)
by hacblog | 2010-02-28 12:38 | Trackback | Comments(6)
久保田と鈴木で、谷川は白毛門に行ってきました。いつもいつも、「白毛門」をどう読むか忘れます。「しらげもん」?、「しらがもん」?
写真は、相変わらず写メなので画質の悪さはご了承ください。そろそろ買いますよ~、デジカメ。


2010年2月
21日(日) 晴れ
新宿駅=(列車)土合駅

新宿で待ち合わせ、鈍行列車で土合駅へ。駅で寝る。とても暑かった・・・。

つづき
by hacblog | 2010-02-24 02:09 | 合宿 | Trackback | Comments(7)
相変わらず、写真はありません(汗)
八ヶ岳山行、最終章です。

2月13日(土) 晴れのち雪
行者小屋BC~文三郎尾根~赤岳主稜~赤岳~文三郎尾根~BC

長く居すわった本州南岸の停滞前線もようやく去り、高気圧が卓越してきた。今日は朝から快晴、しかし気温はメチャメチャ低い!

@@@

赤岳主稜は出だしのチムニーから氷雪がビッシリ。。。怖くて、スリングつかんじゃった(汗)
その後も上部岩壁まで、当然のことながらランナーは取れず、リードはフリーソロ状態。易しいといっても、精神的にかなり怖かった。
上部岩壁に差し掛かると、見たこともない、着雪(氷)。岩はほとんど見えず、真っ白な世界だ。これは一昨日雨が降り急激に気温が低下したために、まず分厚い氷がくっつき、その後雪が降り続き、大量に着雪した感じだ。

僕も先行パーティに習い、上部岩壁1P目はダブルアックスで進む。慎重にアックスを振るって効いていることを確認して、慎重に上がっていく。
結局上部岩壁も掘れど掘れどボルトは現れず、ノーランナー。上部岩壁の核心、チムニーは渾身の登り(笑)、久しぶりに怖い思いをした。リッジ上に出ると、段々曇ってきたぞ。
最終ピッチのビレー点に関しては、ボルトも手ごろなピナクルも見当たらなかった。仕方がなく、拳ほどの、非常に小さな岩にスリングをチョコンとかけてハンキングビレー。怖かった。ガイドの方と同じ岩を使わせて頂いた。
若干久保田は放心状態だった。。。今日は考えてみれば、山頂でテルモスを飲んだ以外は8時間飲まず食わずだった。

@@@


2月14日(日) 晴れ
行者小屋BC~南沢~美濃戸口(下山)

今日は下山。昨晩は雪だったが、真っ青な青空が広がっている。昨日よりもさらに冷え込んでいる。全てのものが凍りつき、テントの撤収とパッキングに非常に時間がかかる。

順調に歩き、こうして無事に1週間の山行が終わったのでした。


==END==
鈴木
by hacblog | 2010-02-20 00:45 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
f0182938_11411945.jpg

私事ですが、新しく装備を買いました!

購入品は
ロールマット、
ガッシャ(しかも黒!!)です。


マットは今まで凹凸があるものを使っていたのですが、この3年間で完全にまっ平になり、冷たくて、冷たくて...。


ガッシャとは、山岳部公式装備のザックで、容量は80L、モンスターゾーン開放で100Lぐらいになります、たしか。今までは部の物を借りていたのですが、4年目にして初めて自分で買いました。
色は黒!積載物を満載したならば存在感アリアリです(笑)
ガッシャが似合う、担げる男を目指して、日々精進したい所存です。
そして、今年も長期山行にたくさん行きたいですねー。まぁ採用試験とか、、、あるんですが。
そんなの関係ないか(笑)


あと部装備で、先日落下し、今頃赤岳沢で冷凍保存されているデジカメの後継者を探しています。
で、調べた結果、うちらの雑な取り扱いに耐えられそうなのは、やはりオリンパスの製品でした。
しかし発売が遅れているようで、何とか春山までには揃えたいものです。

ちなみに、前のもオリンパスでした。八ヶ岳では雨が降り、テント内に3L近く浸水しました。翌朝テント内の水溜まりが凍り、底にはデジカメが冷凍パックされていましたが、カメラ周りの凍りを叩き割ったらちゃんと使えたタフな奴でした。。。


☆写真は黒ガッシャ



鈴木
by hacblog | 2010-02-19 11:41 | プライベート | Trackback | Comments(0)
鈴木です。八ヶ岳の報告は一時休憩します。
八ヶ岳山行で疲れた体と心を癒しに、松原監督と二人、富士見パノラマスキー場に行ってきました。

入笠山まで行く予定だったのですが、「雪少なっ!」ということで、途中の入笠湿原で引き返しました。でも静かでイイ場所でした。素朴な山小屋、冬枯れの白樺にカラマツ、霧氷。。。白と黒の世界でした。二人が話すのを止めれば、何の音もしない静寂な世界でした。
久しぶりに味わった静寂の雪の世界、、、いいなぁ。

そのあとは、ゲレンデで滑る、滑る、滑る。
このスキー場はゴンドラが比較的長いので効率よく練習できます。今シーズン初スキー。1日を通して気温が低かったので、雪質はgoodでした。

こうした日々のスキー練習が、やがては山スキーで役に立ちますように。

携帯の写真で綺麗ではありませんが、どうぞ。
来週の山行前には、新デジカメを調達したいと思います。無くす以前にも衝撃で壊れているので、少し高くてもタフな備品をそろえたいですね☆

f0182938_21343337.jpg
f0182938_2135399.jpg

f0182938_21355557.jpg


楽しい一日でした。やっぱりスキーは滑っているだけで楽しい。

鈴木
by hacblog | 2010-02-17 21:40 | 合宿 | Trackback | Comments(2)
*八ヶ岳山行、その2です。


2月11日(木) 曇り(ガス)のち雨(強風)のち雪
行者小屋BC停滞? 支点構築、天気図、阿弥陀北稜偵察

今日は天気が悪い予報だった。でも朝起きるとガスが濃いだけだ。陽が出るころにはガスは消えている。行って行けない天気ではなさそうだ。。。しかし天気図は本州南岸に停滞前線が延びている。非常に迷ったが、今日は停滞にする。

南沢小滝案もあったが、この暖かさで装備がびしょ濡れになりそうなのでやめた。

朝食後、富士山合宿でできなかった、スタッフバックでの支点の取り方を練習する。
その後9:10の天気図を二人で書く。
さらにその後は、阿弥陀岳北稜の偵察へ出かける。久保田はワカンを使ったことが無かったので、ワカンを履かせてみる。

昼からは雨が降り出し、夕方からは行者でも強風に。強風がやみ、辺りが静かになると、気温が急低下し、雪が積もりだした。


2月12日(金) 曇りのち雪(稜線は強風)
行者小屋BC~阿弥陀岳北稜~阿弥陀岳~中岳~文三郎尾根~BC

今日も朝から微妙な天気だ。行くか、行かないか非常に迷う。稜線は完全に雲の中だ。とりあえず行ってみて、ダメなら戻ることにしよう。

中岳沢は雪崩の心配があるので、阿弥陀北稜のほぼ末端から取りつき、一気にJP(ジャンクション・ピーク)まで駆け上がる。樹林帯を抜け出すと雪が降り始め、まだ弱いが、これから確実に強まるであろう風が吹いている。アイス集会で濡れた青ロープは、一瞬にしてバキバキに凍り針金状態。ATCでのビレーが困難だ。

岩場自体には2Pロープを出す。昨夜来の雨・雪は岩を覆い、どのホールドも凍っている。昨年登った小同心クラックより少し難しく感じる。そして山頂に立つ。視界は全くない。中岳沢は雪崩が怖かったので文三郎経由で下山することにする。薄っすら先行パーティのトレースがある。

中岳から赤岳へは、完全に視界が利かなく、空と地面の境も曖昧だ。尾根も広いので、コンパスと地形図を出しまくって進む。この頃から地吹雪がひどくなる。

文三郎尾根下降中に、何とか赤岳主稜の取付きらしいチムニーを吹雪の合間に発見する。目印は道標ですな。


鈴木
つづく
by hacblog | 2010-02-16 01:33 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
*赤岳主稜登攀中に、デジカメが赤岳沢へと知らぬ間に落ちてしまったので、簡単な文章だけでご了承ください。。。味気ない。


2月8日(月) 曇りのち雪
東京=美濃戸山荘~赤岳鉱泉BC(アイスキャンディにてアイスクライミング)

前日は久保田の家に泊まり、監督の車で美濃戸山荘まで乗せて頂く。今日、明日は日本山岳会学生部主催のアイスクライミング集会に参加する。講師は我らの松原監督でした。

この日は、鉱泉のアイスキャンディ(人工の氷瀑?)で登る。うぅ~パンプした・・・。

夜はグレートドームに入り、みんなで鍋を囲む。結構うまかったなぁ。


2月9日(火) 雪のち曇り
赤岳鉱泉BC~南沢小滝・大滝(アイスクライミング)~行者小屋BC

昨夜から雪が降り続いているので、ジョウゴ沢の計画を南沢小滝・大滝に変更する。

南沢小滝は左端に1本(易しい)と、右端に細く繋がっている部分にトップロープを張ってもらい、遊ぶ。こっちは少し難しく、パンプした。傾斜があるなぁ・・・。

大滝は、小さかった(細かった)。しかもボコボコで、南沢小滝の難しい方よりは明らかに簡単でした。

今夜からBCは行者小屋に。中央と理科大、今夜だけは早稲田も一緒だ。

南沢から行者への帰り道、夕日が綺麗だったなぁ。。。折角写真に撮ったのに(涙)


2月10日(水) 曇り(強風・ガス)のち雨
行者小屋BC~文三郎尾根~赤岳~地蔵尾根~BC(弱層テスト)

今日は中央、理科大、早稲田、法政で同じルートを行く。合同登山のようだな。

天気は曇り、というか視界は無い。登攀予定の赤岳主稜の取付きを探しながら進むが、気づいたら稜線。稜線に出ると強風。エビの尻尾だらけ。

視界が悪く、硫黄の山頂で迷いやすそうなのと、風が強くなりそうなので、地蔵から下山することにする。
地蔵は2か所、久保田のみロープを出す。

帰幕後は、BC周辺で、弱層テストの練習をしてみる。弱い風を伴った雨が夜半まで降る。


つづく
by hacblog | 2010-02-15 15:26 | 合宿 | Trackback | Comments(2)
一週間の山行を終え、先ほど下山しました。鈴木と久保田で八ヶ岳に行っていました。

山行中盤は行者でも完全に雨であったため、阿弥陀北稜も赤岳主稜も氷が張り付き難しく感じました。

特に赤岳主稜は1年の時に登ったことがありますが、それとは全く別物で、度胸がいりました(汗)


また簡単にリポートしたいと思いますが、デジカメを主稜登攀中に落としてしまいました。ですので文だけです...。


鈴木
by hacblog | 2010-02-14 13:41 | 合宿 | Trackback | Comments(2)
2月8日(月)より、八ヶ岳に行ってきます。

8日(月) 入山、アイスクライミング講習会
9日(火) アイスクライミング講習会
10日(水) 行者小屋ベース、赤岳~硫黄岳プチ縦走
11日(木) 赤岳主稜
12日(金) 阿弥陀岳北稜
13日(土) 石尊稜
14日(日) 下山
10日~13日は天気が悪ければ、南沢小滝でアイスクライミングをやります。


鈴木 
by hacblog | 2010-02-07 01:28 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
今日は北田と川崎のパンプ2へ。

二人で、ボルダーで盛り上がった。
最近とても疲れていたので、すごい睡魔にも襲われた。



追記)
みなさん、コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
勝山さん、USBが届きました。ありがとうございました。


鈴木
by hacblog | 2010-02-06 19:33 | プライベート | Trackback | Comments(0)