ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

あ、どうも一年の久保田です。
とりあえず、昨日の山行についてさらっと書いてしまいたいと思います。

27日の土曜日に鈴木先輩、自分、橋原さんの三人で天王山へとクライミングに行きました。

んで、まあ行った訳なんですけど・・・辛い1日でした。悪いけど。それなりに楽しかったったけど。

思い返せば朝からどうかしていて、「急いでた」ってのもあったんですが、
「クライミングな訳だから、軽いほうがいいだろうから、ずっと活動しっぱなしという訳じゃないだろうから・・・」
などと完全に舐めきった思考活動の末、当日の朝食は食パン1枚で弁当も食パン2枚という体たらく。当然ながら力は入らず慢性的に空腹状態でとてもじゃないけど満足にクライミングなどできませんでした。
(おそらく「技術的に足りない説」の方が可能性高い)

ともかく、まず最初に「小便小僧」とかいう名前のルートへ挑みました。

いや、決して手を抜いた訳ではないんです。はい正直に言いましょう。舐めてました。
だって前に湯河原にも行ったし、学校のボルダーも結構な頻度で登ってるし、スズキ先輩も橋原さんもスイスイ登ってるし・・・・!!

More
by hacblog | 2009-06-28 21:17 | 合宿 | Trackback | Comments(4)
 先週行った沢集会の更新が滞っていました。夏休みも近づき、レポートが多いので・・・。

 昨日27日(土)といえば、鈴木、久保田、橋原さんで天王岩に行き、夜は山想会(HACのOB会)総会に北田も合流し、会に参加しました。その模様は久保田がUPしてくれるハズ・・・(汗)


 6月21日(日) 雨一時曇り
大滝キャンプ場~マスキ嵐沢~権現岳稜線~西丹沢自然教室~大滝キャンプ場

 この日は朝から雨だった。そう、去年の沢集会同様だ。全大学マスキ嵐沢ということで、一緒に出発する。

 マスキ嵐沢に入渓すると、やはり昨日よりは水量がある。1年生は法政に2名、学習院に1名居るので、1年生には積極的にロープを出していく。なんせ今日は水圧が・・・。

 水量が少なければ簡単であろうが、水流にホールドが隠されてしまっていると、そうはイカン。。。

 F4(2段9m)、この滝が核心だった。ドバドバと流れ落ちている。巻こうかとも思ったが上手く行かない・・・。
学習院の木塚さんが、リードしてくれ、上からロープを垂らしてもらう。
f0182938_17294795.jpg
▲格好よすぎる・・・。魅せてくれました!
 耳に、三半規管に水が入ってしまいました。本当に目が回ります。上に抜けた途端千鳥足に。でも水を耳から抜くと、あら不思議、一瞬にして感覚が元に戻りました。1年生も果敢に登る。

 その後も雨でヌルヌルしているのでチョコチョコ、ロープを出す。みんなで協力して進む。1年生の数にこれだけ上級生がいると、楽ですね~。
f0182938_17374598.jpg

 最後の涸滝はトップロープで楽しむ。北田のムーブは池下先輩には好評だったとか。

 そして権現の稜線に。この沢、長くもなく、綺麗で、ツメが楽。とても手頃でした。

 帰りは西沢に出て、西丹沢自然教室から林道歩き。この辺り一帯は、高校の時インターハイ予選で何度も歩いた道です。あの頃は疲れてグッタリして歩いたり、時には膝を痛めて足を引きずって歩いたりと、、、イイ思い出は無いのですが、今歩いてみると、何だか懐かしく感じました。

 キャンプ場で集合したあと、解散しました。

 北田も久保田もどうやら楽しかったようです。久保田は何故か2日目の方が楽しかったとか・・・。寒かったのに・・・。
f0182938_17372979.jpg


鈴木
by hacblog | 2009-06-28 17:40 | 合宿 | Trackback | Comments(1)
 これから3人でロープワークをやるのです。投稿の練習なのです・・・。

鈴木・北田・久保田
by hacblog | 2009-06-23 18:53 | プライベート | Trackback | Comments(0)
 2009年6月19日(金)夜出~21日(日)で西丹沢に日本山岳会学生部主催の沢集会に行ってきました。

 土曜日は池下どん、鈴木、久保田どん、神出さんで鬼石沢に行きました。夜は大滝キャンプ場で北田も加わり、学習院の木塚さん、菅野さん、並木君、早稲田の野辺さん、松本で沢集会をしました。

 日曜日は、偶然にも全大学マスキ嵐沢でしたので、みんなで和気藹々、楽しく遡行してきました。

 最近、写真を吟味できない病に陥っているので、、、2回に別けてUPします。


6月19日(金) 晴れ
JR荻窪駅=(神出Car)ユーシン林道入口

 授業終了後、みんなで待ち合わせ場所の荻窪駅に。そこから神出さんの車。いやぁ~交通費助かりました。

 この日はユーシン林道入口の草っぱらにテントを張ってZzz。


6月20日(土) 晴れ
=大滝トンネル付近~大滝橋~一軒家避難小屋(入渓点)~畔ヶ丸~一軒家避難小屋~大滝キャンプ場

 晴れ!梅雨の中休みだ。久保田にとっては絶好の人生初沢日和!!

 大滝橋から一軒家避難小屋まで歩く。意外にアプローチが長い。キラキラと新緑の木漏れ日が美しい。

 避難小屋裏から入渓するのだが、いきなし核心が訪れる。そう、ヘビさんが2匹も居るのです。そして沢屋の神出コーチは大の苦手なのです・・・。

f0182938_15464360.jpg 綺麗な花崗岩の、そして花崗岩が砕けて堆積した綺麗な砂の上を、本当に透明な水が流れている・・・。美しい。バシャバシャと進みます。

 F2(10m)は、今年初沢の鈴木がリード。久しぶりに沢独特のヌメるフリクションが心地よい緊張感を感じます。

 久保田も何なく上がってくる。

 続いてF3は上部がトイ状だが、ここは左に避ける。



←F3。新緑が綺麗ですねぇ。。。

 その後も綺麗な沢相が続く。今日は暑いくらいで、淵をバシャバシャ行きたいところだが、どうも所々水が涸れている。
f0182938_15493929.jpg

 F5はご立派なCS滝。僕たちは胎内くぐりで通過。そして非常に快適なツメで稜線に出る。畔ヶ丸を一応往復し下山。
f0182938_15495947.jpg
▲「やぁ、こんにちは。僕久保田です」
f0182938_15501489.jpg
▲流行ってます、このポーズ
 神出さんとは大滝キャンプ場で別れる。どうもありがとうございました。

******
f0182938_15514014.jpg

 夜は、学習院の木塚さん、菅野さん、並木君、早稲田の野辺さん、松本、そして北田が夕方頃到着して、沢集会を。

 水炊き鍋と焚火を囲みながら、そして蛍を見物しながら、静かに夜は更けていったのでした。。。


鈴木
by hacblog | 2009-06-23 15:56 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
 谷川合宿、最終日です。


6月9日(火) 晴れ
平標山の家CS2~大源太山~三国山~三国峠~法師温泉(ゴール)

 今朝も朝から晴れだ。

 順調にゴール目指して進む。何とも熊が出てきそうな道だ。蛇には何度も出会った。マジ、気持ち悪い・・・。

 大源太山へは荷物を置いてピストン。昨日歩いてきた縦走路を見渡せる。あれが、平標で、仙ノ倉で、エビス大黒か・・・。なかなか山深い感じだが、反対に視線を転じれば、世界の苗場スキー場、によって開発し尽くされた筍山が・・・。
f0182938_012408.jpg
▲なんだ!?このポーズは・・・
 そしてまた進む。今度は三国山。本合宿、最終ピークです。
f0182938_0164188.jpg

 三国山から国道までは再び膝殺しの階段である・・・。非常に痛い・・・。
f0182938_0181353.jpg
▲三国トンネル。群馬県側でパシャリ。
 そして再び法師沢の歩きやすい登山道に入る。黙々と下る。途中素晴らしい滝が出てきたと思ったら、法師温泉のお庭に飛び出た。

 何とも異空間な感じがする、不思議で綺麗な庭。そして趣のある家屋が並んでいる・・・。

 そしてついに法師温泉に到着しました。
f0182938_0204759.jpg


そしてそして、今年は温泉もやっていました!初めて見るタイプの湯船。お湯は軟らかく、勿論最高!建物もすごい立派!仁美さんによると、「○○の神隠し」のモデルになったとか・・・。本当かなぁ?でも確かに湯○ーバがヒョイと出てきそうなジブリの世界だった。

 お風呂から出た後は、ラムネを飲んで帰りました。そして高崎で途中下車し、ガッツリ食べてきました!う~んあのお店は最高であった。。。値段、量ともにGood。

****

 まぁとにかく無事に合宿が終わって良かった。1年生はこれからどんどん山に行って頑張ってください。良く頑張りました。。。ではでは
f0182938_0284885.jpg


鈴木
by hacblog | 2009-06-16 00:28 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
 谷川合宿、縦走2日目の様子です。


6月8日(月) 晴れ!
大障子避難小屋CS1~大障子~万太郎山~エビス大黒~仙ノ倉~平標山~平標山の家CS2
f0182938_084554.jpg
▲大障子の避難小屋
 さてさて、小屋の外に出れば晴れ!昨日は全く分からなかったが、素晴らしい景色が小屋の外にはあった。

 谷川独特(?)の景色。。。なだらかな稜線には背の低い笹が生い茂り、谷間には少雪の冬だったとはいえ残雪が美しく、景色にアクセントを加えるように残っている。そして、素晴らしい青空。何よりも僕たちはこの青空を欲していました。
f0182938_01366.jpg

 万太郎までは、なだらかな稜線を登ったり下ったり・・・。だんだんと山が、ぐんぐんとピークが近づいては乗り越えて、またピークが現れる。縦走の醍醐味だろうか・・・。

 途中何箇所かには、ちょっとした岩場も出てくる。朝露で濡れているので、皆慎重に通過する。
f0182938_0141865.jpg

 今回の縦走路では一番の急登が西黒尾根と並んでエビス大黒への登りであろうか??久保田は持ち前の馬力でグイグイ登るが、北田は少しきつそうだ。そうそう、あわてずに、ゆっくり、じっくりとね。

 振り返れば、今まで歩いてきた道が見える。前を見れば、これから歩む道が見える。。。素晴らしいね。
f0182938_0182640.jpg
f0182938_019040.jpg
▲仙ノ倉の山頂でパシャリ。各々のポーズで。。。
 仙ノ倉まで来ればあとはコッチのもんだね。平標までの道は、さながら雲ノ平のような、百間平のような、、、日本三大“平”である。
f0182938_0233339.jpg
▲イェーイ
f0182938_0234872.jpg
▲平標。合宿最終ピーク?いえいえ、まだありますよー
 平標からの下りは、膝殺しの木段・・・だった。

 平標山の家は新築されたらしく、素晴らしく綺麗だった。僕たちは眺めの良い所にテントを張り、木のテラスにシュラフや服を干して、そこで午後の紅茶を楽しんだ。見てくれ最悪、味最高のキナ粉ぜんざい添えです。

 今日は真夏の様な暑さで、みんな靴の中は汗でグッショリ。北田には大きな靴ヅレが。良く頑張りました。

 夕食前、テント内には大量のハエが・・・。みんなでハエ捕り大会が。北田の知られざる才能に一同唖然。池下先輩も後半にメキメキ腕を上げました。

 最終夜、残りの特食をたくさん飲んで寝ました。
f0182938_0314772.jpg
▲夕食を作る子猿3匹


****続く

鈴木
by hacblog | 2009-06-15 00:36 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
 谷川合宿の縦走1日目です。ちょっと時間ありませんので小出しでUPしていきます。。。


6月7日(日) 曇りのち濃霧(強風)
マチガ沢BC~西黒尾根~谷川岳~小障子~大障子避難小屋CS1

 さてさて今日から縦走です。さわやかな朝の空気の中、体操をして出発!

 西黒尾根は急登から始まりますが、重さにもめげずイイペースで進む。途中何ヵ所かの岩場(鎖場)が出てくる。
f0182938_12541397.jpg

 最初の鎖場だけは距離もあるし、荷物もあるのでロープで確保する。2人とも安定した足取りでどの鎖場も難なく通過。
f0182938_12542694.jpg

 森林限界を越すとガスが濃くなる。良いコースタイムで、山頂に上がるが、、、何も見えん。
f0182938_12544960.jpg

 しばらく小屋で神出コーチらを待つが、なかなか来ないので携帯にメールだけ入れて出発。

 大障子への稜線に出た途端に、風が強くなる。まぁ冬の山に比べれば弱いですが・・・。

 でもなかなかの風だ。1年生にとっても貴重な経験になるはずだ。

 相変わらず、景色は見れないが、道中所々にチングルマ(だっけかな?)の群落があり、疲れを癒してくれる。
f0182938_125527.jpg

 小屋は当然のことながら僕たちの貸切。あんまり気持ちの良い小屋ではないので小屋テントにする。

 稜線から外れた水場に皆で、水汲みに行く。が、、、まだ雪渓が残っている。みんなで耳を澄まして、水流を探す。

 ・・・・・・

 見つかった!雪の割れ目から、切り込み隊長の鈴木が水を汲む。まさに雪解け水で、熊笹で濾された水は本当に旨そうだ。

 小屋までは雪渓を登り返すわけだが、2人の足取りはしっかりしていた。


***続く

鈴木
by hacblog | 2009-06-13 12:59 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
 2009年6月4日(木)~9日(火)にかけて谷川合宿を行いました。いわゆる新人合宿ですね、はい。

 メンバーは池下キャプテンに鈴木、そして期待の新人・北田と久保田コンビです。

 前半はマチガ沢(一ノ倉沢のお隣)で雪訓。後半は法師温泉まで楽しい楽しい縦走をしてきました。。。


6月4日(木) 曇り
飯田橋駅=土合駅~マチガ沢出合BC

 授業終了後、慌ただしくパッキングし出発!今日は六大学野球の優勝パレードで5限から休講でした。パレードで盛り上がる中、僕たちはトボトボと鈍行で土合駅まで向かいました。

 あっ、豚珍館には行く時間が無かったので、ちゃんと前日にみんなで行っときました。

 土合の長い長い階段を登り、夜道を、不気味な空気を吹き飛ばすために、大きな声で歌を唄いながらマチガ沢出合まで歩き、テントを張って眠りました。
f0182938_23103098.jpg
▲合宿スタート!

6月5日(金) 曇り一時小雨
BC~マチガ沢中流(雪訓)~BC(一ノ倉沢観光)

 今日はマチガ沢で雪訓!

 ・・・・・・!?

 雪が無いぞ。。。出合には雪が全く見当たらない、ガスってて、上の方を見ても分からない。雪あるのか心配になってきた。

 しばらく巌剛新道を登り、上級生で偵察。懸命な藪漕ぎの結果、雪を発見!

 一年生を連れて、大量の雪虫に絡まれながら再び藪漕ぎ!最初の合宿から藪漕ぎができるなんて幸せ者だね!

 初日ということもあるので、傾斜は緩め。天気が悪いので池さんが1年の時よりは締まっているようだ。

 時折小雨がパラつき、寒いくらいだ。動いてないと寒いので、池さんと僕は変わりばんこに見張りを交代する。

 しばらくすると、霧の中から法政コールと共になんと高橋会長が。高橋会長にアドバイスをもらいながら一通り訓練した後、自由に歩き回る。

 BCに戻ると、下界は時折日差しもある。午後は車で一ノ倉沢まで行き、観光。1年生、秋には登りに行きたいね!!夕方は高橋会長交え、マッタリと過ごす。
f0182938_23502123.jpg



6月6日(土) 曇り一時小雨のち晴れ
BC~マチガ沢上流(雪訓)~BC

 今日は藪漕ぎせず、途中から沢に入り忠実に沢を詰める。どうやらこれが正解ムーブのようだ(By宇都宮さん)。

 昨日のような傾斜では練習にならないので、とにかく今日は行ける所まで沢を詰め上がる。すると下からイイペースで登ってくる人影が、、、宇都宮ヘッドコーチがサプライズで来て下さいました。
f0182938_23413127.jpg

 今日は昨日より傾斜もある。天気が悪いことも手伝って、時間がったっても、雪は締まっている。実はお恥ずかしい話、僕は過去の新人合宿はどれもグサグサだったので、昔の先輩らに比べたら大した事が無いだろうが、この硬さでの雪訓は初めてだった。1年生にとってもイイことだろう。

 北田はさすが旭川出身、飲み込みが早く軽やかにスタスタ歩く。

 トレース跡を歩かせては練習にならないので、休憩の度に、雪訓場所を上へ上へと移動した。
f0182938_23415079.jpg
▲宇都宮HCのお手本
 最後は、直登往復5本(?)ダッシュ!!高橋会長も参戦していた。さてさて僕は宇都宮さんに・・・・、さすがヘッドコーチ。もうちょっと僕らも精進します。結構楽しかった(笑)

 BCに戻って高橋会長と宇都宮ヘッドコーチは帰京された。どうもありがとうございました。

 帰幕すると、神出コーチと橋本コーチがいらっしゃり、差し入れを頂く。どうもありがとうございます。

 いよいよ、明日からは楽しい楽しい縦走だ!


**続く

鈴木
by hacblog | 2009-06-12 23:53 | 合宿 | Trackback | Comments(2)