ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

<   2009年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 2009年5月23日(土)~25日(日)にかけて山形・鳥海山に行ってきました。

 今回のメンバーは鈴木に高橋会長、高橋会長のお知り合いの石原さん、中川さんご夫妻、広島さんでした。僕はどちらかといえばオマケで、今回は高橋さんのスキーをボッカする代わりに交通費・宿泊費は払ってもらうという交換条件でした。

 結果的には結構僕が得したような気がしないでもありません(笑)


5月22日(金)

 明日の出発が早いため、今夜は高橋さんの家で休ませてもらう。夕食は豪快な焼き肉だった。まさに肉食・・・、といった感じだった。


5月23日(土)

 早朝に飯田橋から中川さんの車で一路東北へ。他には広島さんも一緒だった。東北、、、8時間かかりました。

 今日のお宿は国民宿舎「大平山荘」。鳥海山中腹からは非常に濃い濃霧。山荘も危うくスルーしてしまうところだった。

 今夜は超満腹の美味しい夕食が出たのでした。


5月24日(日)

 今日も非常に濃い濃霧。夕方から晴れることを期待して、午前中は麓の酒田観光へ。

 まずは本間美術館へ。
f0182938_1227319.jpg
▲晴れていればバックに鳥海山が見えるようです
 ここはその昔、北廻り船で儲けた本間家だそうです。綺麗な日本庭園の中に清遠閣という純和風といった感じの建物があります。で、その家屋の中で僕らは「お茶」をしました。

 「お茶」、初めての体験でした。抹茶も素晴らしかったのでしょうが、何より正座の姿勢が苦しかった。
f0182938_12292888.jpg
▲清遠閣
 お次は山居倉庫へ。ここは庄内の米の積み出し港として賑わいました。背後の欅並木や独特の二重屋根は米の保存に最適とか・・・。先人の知恵の素晴らしさを感じます。
f0182938_12322660.jpg
▲山居倉庫。何処かで見たことありますよね?そうJRのポスターに使われています。
 そのあとは酒田港へ。海鮮丼、とても美味しかったし、このお値段でこのボリューム!?といった一品でした。

 夕方、まだガスっていた。
f0182938_12352314.jpg
▲幻想的な神社。何となく東北の山っぽいですね。


5月25日(日)

 朝、晴れ!

 今日は鉾立からスタート。僕は背負子で高橋さんのゲレンデスキーと靴をボッカ(笑)
f0182938_1722565.jpg
▲白糸の滝だっけかな??
f0182938_17231690.jpg

 最初は石畳、その内雪が出てきた。2時間少し登ったところで、スキーをすることに。滑り出そうとしたその時からガスが・・・。

 視界が悪く大平方面に行く予定が、知らぬ間に鉾立へ。少しブレーキがかかる雪質、斜度がもう少し欲しいところだ。
f0182938_1724023.jpg
▲広いボール状の地形。帰りはこの付近で迷った。。。ガスると全く分からん。
 シーズン最後の悪あがきで、藪漕ぎをして隣の沢へ。両手にスキー・ストックを持っての藪漕ぎはシンドイ。とにかくスキーを力の限り前方に投げ飛ばしながら進む。

 最後の斜面は面白かった。天然のハーフパイプっぽい地形とか・・・。最後の最後、林道へは熊笹を滑ってゴール。車で拾ってもらい、大平山荘で解散。

 この時期にスキーができたのは貴重でした。

 帰りは月山、湯殿山、羽黒山の麓でお蕎麦を食べた。これまた美味であったし、量も多く最高だった。

 そしてこの蕎麦屋からみた眺めが良かった。濃い緑の山にポツンポツンと残る残雪、東北ならではの景色だ。信州から眺める、アルプスの残雪も素晴らしいが、東北の山もいいなぁと思った。

 月山辺りの懐の大きな山麓、これはなかなか見れないなぁと思った。



 どうもありがとうございました


鈴木
by hacblog | 2009-05-29 17:29 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
えー、御静観の皆様方の恐らく多くは「初めまして」、そうでなければ「どうもですお久しぶりです久保田です」。そんなこんなで久保田真平、真の平和と書きまして(「まったいら」とも読めるけど)久保田真平と申します。特技は剣道・ピアノと、腹筋を硬くする事。ラノベが好きな18才です。どうぞよろしくお願いします。m(__)m
・・こんな感じて御の字っすよね先輩〓
by hacblog | 2009-05-24 19:20 | Trackback | Comments(1)
昨日は学生部の集会がありました。学生部担当(?)の鈴木がバイトで出席できなかったため、私池下と一年の北田、久保田を連れて行きました。2人は学生部のみなさんと初顔合わせです。

今回の内容は、各大学のGWの報告や遠征について、などなど。


GW、他大学さんは一年生を連れて白馬の大雪渓に行ったり、穂高周辺に行ったり、日光の山に行っていたようです。どれもおもしろそーですね。

他大学さんは新人が何人入ったかというと…


平均3人くらいでしょうか。


しかし、この時代に6人くらい(ちょっと適当)入った大学もあるようです。


がしかし、


「ちょっとゆとり教育しすぎたかな…」

「一年生減らさないと…」

ということを言っていました。


確かに、一年生の人数が多過ぎると登山の質は多少なりとも落ちてしまうかもしれません。命が関わる以上、落としてはいけないレベルもありますし。


ですが、


せっかく入ったのだから、続けてほしいな。

楽しい世界が待ってるカラ~!



他大学と交流するというのはとてもいいことですね。いい意味での競争心が生まれます。


私達も頑張らなくっちゃ!!


池下
by hacblog | 2009-05-19 18:24 | イベント | Trackback | Comments(0)
 今日はアルパイン部門全員で沢登りに行く予定でしたが・・・。

 生憎の天気で早朝に中止と致しました。がしかし、今日はほとんど雨が降っていませんでしたね。予測が難しい。。。

 僕と先輩は晴れ男と晴れ女なんですけどね。


 沢の代わりに、パンプ1に行ってきました。北田と久保田にとっては初めてのジム!!

 勿論、今日はトップロープで遊びました。

 久保田はガシガシ登っていました。最終的に10aをオンサイト。うまく、凹角を使ってたりもしてました。最後はボロボロになるまで登りました。なかなかガッツがあります。。

 北田は高い所がチョット怖いようでした。最初は結構テンパッテました。何たって今日が学校ボルダー含めて2回目のクライミングだからね。

 でも最後の頃には、大分慣れてきて、思いっきりの良いクライミングができました。少しはコツも分かったようです。そう、怖がらず思い切って!

 そして折角だからビレーの仕方もお勉強。これから覚えることが多いけど、、、まぁ頑張って(笑)


*****


 池下先輩、本日は先週から取り組んでいたルートを完登しました!!

 1本目でムーブを確認し、最後のトライでサクッとレッドポイント。満面の笑みで下りてきた先輩の顔は汗ダラダラでした。まるで皇居を走ったよでした(笑)


*****


 1年生は初めてのクライミングジムを体験し、親方は目標のルート完登し、鈴木は夜風に吹かれて、4人は夜の街を川口駅へ向けて帰宅の途に着きました。



鈴木
by hacblog | 2009-05-17 23:55 | プライベート | Trackback | Comments(0)
f0182938_1425479.jpg

いつもアップが遅れて新鮮でない話題を提供しております。……。

先週の水曜日、部会後に新人歓迎会を開きました!きてくださったコーチの皆様、本当にありがとうございます( ;_;)ノ涙涙


今年は時間が中途半端で来にくいというお話をたくさんいただきました。来年は改善できるようにします!

歓迎会の後は部員だけでカラオケに行ってきました。


これが人生初カラオケだ!という北田。今回は北田の歌声は聞けなかったけど、鈴木先輩もそうだったから大丈夫だよ。(笑)

久保田の一曲目。MINMI(女性歌手です)。

「!!??」

皆が思わず顔を見合わせるほどの高音。

低音も綺麗に出てるし、うまいわこりゃ。


ただ選曲が笑える。そして頼んでもいないのに一緒に歌いだす(笑)


鈴木は最近になってやっと歌ってくれるようになりました。サザン、サザン、サザン…。

成長したねぇ。


また行こう!



池下
by hacblog | 2009-05-17 14:02 | イベント | Trackback | Comments(3)
どうも、親方からトレーニング部長に任命されている鈴木です。

今日は早稲田にて合同トレを行いました。

トレ内容はサッカーです!
法政からは鈴木と久保田が参加しました。

サッカーはフィールドを動き回るので心肺能力が高められるのです。
今日も正直かなりシンドく、こんなの久し振りでした。

そしてボールを蹴ったのも、思えば中学以来です。スッゲー面白かった。

それにしても、早稲田は体力があって良く動く。そして当たりが強い(笑)

池下先輩が出れば、みんな避けてくれるかも、、、みんな紳士だから。

久保田は持ち前のガッシリした体格で、サッカー初めての割には、良くDFとして働いてた。

トレ後は皆で飯を食べに行った。旨かったなぁ。

今日は朝までカラオケ、そして夜はサッカー...。
こんな楽しい日が毎日続けばいいんだけどね。

でも3時間しか仮眠してないから、少し疲れた...。

鈴木
by hacblog | 2009-05-14 22:41 | プライベート | Trackback | Comments(0)
とゆう、地理の専門科目を履修しています。

今日は岩石を観察する授業でした。

すると、小川山で良く見かける花崗岩が。こっちは奥多摩で見かける凝灰岩が...。

そこで、ワタクシの花崗岩観察レポートは・・・
「全面的には白色。全面に黒いゴマのような斑点が認められる。黒雲母と思われる。ザラザラしていて細かく、スメアリングしやすいだろう。」
って最後の部分は冗談ですが(笑)

でも、身近な問題を取り扱ってくれるので楽しいですね。

他にも地形図の作られ方も習います。いつも信用してきた地形図はそうやって作られるのか! とか思っちゃいます。


最近になって授業の面白さを感じている鈴木でした。
学費、高いもんね...。
by hacblog | 2009-05-13 15:27 | プライベート | Trackback | Comments(0)
 更新ラッシュしてる・・・

 GW合宿、後編といっても下山だけですが。


5月4日(月) 晴れ
~八方池山荘~アルペンクワッド=八方尾根スキー場=東京

 昨日の様子から考えて、C尾根は登らず下山することに。B尾根の雪の状態と同じであまり良くないだろうし、B尾根の雪壁でも四苦八苦したのだからC尾根の雪壁はもっと大変だろう・・・。
f0182938_11582783.jpg
▲C尾根の巨大で不気味なセッピ

 昨晩は、睡魔に勝てず途中で寝ました。カレーは外に置いて低温熟成させたのですが、何とも美味!それと今朝の朝食を食べたので、朝から1.5食、頂きました。寝たのが遅く、今日はゆっくり起きてガッツリ。日曜の朝のようです。

 テントを撤収し、下山。お金を浮かせるために、上のリフト1本分は歩きます。
f0182938_1225277.jpg
▲僕の立っているところは長野五輪、「男子滑降スタート地点」だそうです
f0182938_1232597.jpg
▲「うりやぁ~」スキー場を爆走する先輩。この直後、倒れました・・・

 黒菱ゲレンデには多くのスキーヤーが。。。何と先輩が「私もスキーやってみたくなった・・・」と。じゃあOBになったら是非とも遠見でスキーやりましょう!!
f0182938_12115581.jpg
▲フキノトウも・・・
 ここからはリフトに乗りました。足ブラブラ感が先輩は好きなようで、ハシャイで写真を撮りまくりましたが、近撮で、日焼け、髪ぐしゃぐしゃ、などなど酷い顔なので公表は差し控えます。
f0182938_12123838.jpg
▲リフトではしゃぐ、人間2匹とザック2人

 下山して温泉に行き、カツドンとビールで乾杯。御馳走様でした。
f0182938_12154026.jpg
▲ポン太に色鮮やかな花、もう里は春ですね・・・
 帰りはバスを使ってしまい、8時間近くもかかりました・・・。道中、ソフトクリーム、たこ焼き、色々なものを食べました(笑)。長旅もそれはそれで楽しい。

 今回は1年生を唐松岳に連れて行けて良かった。久保田も結構景色に感動してくれていたようだし・・・、だよね?雪の上のテントで行う歓迎会も、山岳部らしくてイイしね。

 不帰は残念だったけど、結構タメにはなったなぁ。

 まず、この時期の雪稜は雪の状態に結構左右される。

 長時間行動は久しぶりだったので、結構トレーニングにはなった。

 自分達だけで、ああゆうヤブヤブの中を懸垂したのは初めてだったので、それもまぁ経験にはなった。その他諸々・・・。経験値が上がった気がした合宿だったとさ。
f0182938_12282161.jpg



鈴木
by hacblog | 2009-05-12 12:32 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
f0182938_1054258.jpg

就活のためここ数日実家に帰っていました。最近の大雨で緑はさらに深みを増し生き生きしていますね。私は夏生まれということもあり、この季節が大好きなのですが、それにしても


暑い!!


今でこの暑さでは夏の合宿が思いやられますな。

これからは、夏も暑さで停滞、なんてこともあるかもしれない…。


あと、今年は熊が多いですね。町内放送でよく熊が出たと放送しています。家の方は南アルプスの下辺りなので、今年南ア(特に深南部)に行く方がいらっしゃいましたら、お気をつけくださいませ。


写真は車窓から撮ったので綺麗ではありませんが、今ピークのお茶畑が写っています。

池下
by hacblog | 2009-05-12 10:05 | 合宿 | Trackback | Comments(1)
 GW合宿の中編。文章が多めになってしまいました(涙)
f0182938_1254736.jpg
▲写真中央、3つのピークをまとめて不帰Ⅲ峰。僕たちは真ん中のB尾根を登りました
5月3日(日) 晴れ一時曇り
~唐松岳頂上山荘~唐松沢本谷(下降)~bルンゼ~不帰Ⅲ峰B尾根~3つ目の岩峰の上~cルンゼ(下降)~唐松沢本谷~唐松岳頂上山荘~BC

 小屋でご主人に挨拶し、セッピに気を付けて唐松沢本谷を下降。昨日はその傾斜にビビっていたが、いざダブルアックスでクライムダウンしたら大したことは無かった。卒業したらスキーで来よっと!(笑)
f0182938_127499.jpg
▲少し硬いので、慎重に・・・
 唐松沢を下りきると、下から登ってきた、川崎の山岳会3人パーティと出会う。以後、御一緒する。

 先を譲ってくれたが、僕たちが後に着いたので・・・、先に行ってもらう。
f0182938_1283944.jpg
▲右からA、B、Cの各尾根。親方、、、格好いいですね。。。
 取付はbルンゼを少し詰めたところから適当に登るが、川崎Pは結構苦労している。

 (1P目・池下)罪悪感を感じながらも、もう少し登って、彼らの横から取り付いた。表面氷化、中サラサラ・・・、所謂、スタンスがすぐに崩れ落ちる、厄介な雪だ。木登りを交えつつ、騙し騙し登る。川崎Pを避けるようにして、張り出した左手の雪壁を避けるようにしたら、1個目の岩峰右のルンゼに出てしまった。

 最後のワンポイントの岩、かなり悪い。リード池下先輩のザックはランナーに残置されていたが、空身でもかなり悪い・・・。良く登った・・・。ムズイよぉ・・・。
f0182938_131212.jpg
▲雪壁、草付、木登り、岩、、、日本人的山登りです!?
(2P目?・鈴木)資料からは少し外れた感があったが、ライン的にはルンゼを詰め上がり稜線に出られるので自然だ。登ってみるが・・・。まずランニングが取れない。氷だ、アイスクライミングの成果が試されるぞ!と思い、アックスを振るったら、脆くも氷が全て崩れ落ち、下からは岩が・・・。こりゃダメだ、怖い・・・。少し引き返すことに。僕はロワーダウンで1P目の途中まで戻る。親方はスリングを残置し、ロワーダウン・・・。

(改めて1P目・池下)とゆうことで、1P目の途中から仕切り直し。今度は急雪壁を登ります。過去の資料では雪が付いてないことが多いのですが、しっかり付いてました。体感は垂直以上、よくぞこの傾斜に雪が付いてるな・・・、と思う程。セカンドでも怖かった。。。リードの池下先輩は時たまスタンスが崩れ、うめき声をあげていたな、、、たしか。やっとこさ稜線に出た!本当に怖かった。これが本当の雪壁か・・・。

(2P目・鈴木)ホイきた、グングンロープを伸ばします。快適な岩と雪稜。すいません、僕ばっかりこんなところで。。。最初の岩峰は直上、キャメ1。抜けるとハイ松混じりの雪稜。2つ目の岩峰は中央の小ルンゼ、エイリアン緑。うん、楽しいね。最高!
f0182938_1354839.jpg
▲惜しい!今度から顔を入れて下さいね。
(3P目・鈴木)ルンゼから抜け出すと、何とも言えないナイフリッジ。一応トラバースに入る前に、スノーバーを1本ぶち込む。ジリジリとカニさん歩きで進む。怖い・・・。セカンドの池下先輩は何回かスタンスが崩れ落ち、「ウワッ」とか「ヒャッ」とか・・・。
f0182938_7351576.jpg
▲渡ってきた雪稜、結構急でした・・・
(4P目・池下)3つ目の岩峰。川崎Pは中央のルンゼを登っていましたが、落石が多く、右から巻いた方が正解かも、、、とアドバイスをもらう。確かに右巻きにはハーケンもあります。雪と岩のコンタクトラインを行きます。ここでもカムが使えました。
f0182938_7362617.jpg
▲3つ目の岩峰。人がいる所から右上し、雪と岩をつなげて登りました。
f0182938_7395018.jpg
▲雪と岩の狭間で。出だしの部分、チョッピリ悪かった。

 このピッチを登りきったところで、cルンゼに懸垂で下りることにする。川崎Pも一緒に敗退だ・・・。正直、非常に残念だ。

 しかし、この先の雪稜は今までに比べ、結構ズタズタだ。すぐ上の岩峰は雪が削げ落ちている。時間も時間だ。安全第一なので、行く自信がなければ下りよう・・・。
f0182938_7442457.jpg
▲この先の雪稜・・・

 先に川崎Pが下降。懸垂2P。1P目はハイ松を掘り出して支点に。ベキベキ言ってるよ・・・。結局、スリング3本、カラビナ1個を残置してもらう。お礼を言うと、「社会人だから、じゃっお先に」と下りていく。格好いい、僕もああゆう社会人になりたいなぁ。
f0182938_7474951.jpg
▲懸垂1P目。ブッシュに絡まないように慎重に・・・。
 2P目は、ダケカンバに池下先輩がスリングとカラビナを残置。
f0182938_7493276.jpg
▲2P目はルンゼを下降。最近スキーで有名なルンゼ?ここを滑る日は来るのであろうか・・・

 さぁ、あとは稜線までの登り返しだ。細く狭いルンゼを詰めるのは、少々心配があったので、唐松沢本谷を登り返すことに。一応念のため、50mロープでお互いを結びあうことに。

 正直、もうもうバテバテだった。20歩歩いて休む、歩いて休む・・・の繰り返しだった。広い斜面なので、何だか稜線までの遠近感が良く分からない。でも歩き続ければ、ゴールに着く。これが登山の良いところ。
f0182938_7554096.jpg
▲池「はぁ~あ、着いた着いた。ドッコイショ」 

 出発前にお約束した通り、小屋にご挨拶に行く。どうやら、時折Ⅲ峰の方を見て下さっていたようだ。。。どうも、ありがとうございます。

 ここからはBCまで日没と勝負だ。池下先輩は「日が暮れる、間に合う、間に合う」とブツブツつぶやきながら、歩き続ける。

 日没と同時に到着。二人ともテントになだれ込み、火をつけ、しばらくボーッとする。考えてみれば、14時間40分行動。GWの日照時間だから成せた強引技だった・・・。

 橋原さんの置き土産で乾杯。二人とも飯を食いながら、メンツを持ったままZzz・・・。


鈴木
by hacblog | 2009-05-12 08:07 | 合宿 | Trackback | Comments(2)