ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

に行くわけではありません。学校ボルダー「今から呑み会(4級)」がやっと登れました。夏休み前は全く登れず、先週久し振りにやってみたら登れそうだったんで、挑戦してました。どうやら少しは引き付け力が着いた様です(笑)。

そのあと、村田先輩プレゼンツ「対鈴木戦争(3級)」をやったらサクッと登れました!

やっぱ登れるようになりゃあ、楽しいですね。

筋肉痛に悩む鈴木でした。
by hacblog | 2008-10-28 18:02 | プライベート | Trackback | Comments(0)
f0182938_19201892.jpg

ハシモとMバラかんとくの金毘羅詣で、一応の最終日。

ようやく、登れました!デジタルモザイク。

前回はもう少しのところで完登を逃し、悔しい思いをしましたが、本日二便目のトライでRPでした。

正直、今日の一便目が有り得ない位楽勝に感じたのですが、有り得ない位染み出していたせいでフォール…。

今日買ったばかりの少年ジャンプを破って、染み出している部分に、一生懸命紙を詰めたり、拭いたりしてホールドを乾かしました。


Mバラかんとくはデジタルモザイクを1テンまで到達しました。もしかしたら、次回来れば、登れるのではないかと思います。

その後、筋トレでハプスブルクをトライしましたが、2人とも登れず…。触んなきゃよかった。

でも、楽しかった。今日も。


写真はハプスブルクをトライするMバラかんとくです。
ハシモ
by hacblog | 2008-10-27 19:20 | プライベート | Trackback | Comments(5)
全くもって久々の更新。

なぜ、自分だけ頑張ってんだろうと、憤慨(?)する日々です。

現役のみなさんちゃんと更新しましょう。


今日もTウォール行ってました。

S井くんと、明治大のS々木くんと、あとなぜかうちのS木がいた。

ルートやっていたので、一緒に登らせてもらいました。

S井くんがやってた、12abをフラッシュ出来た。

微妙に風邪引いてたから、調子悪いんかと思ったが、意外といけましたね。


明日はMバラかんとくと金毘羅岩行ってきまーす。

デジタルモザイク絶対登ってやるぞ!!

ハシモ
by hacblog | 2008-10-26 20:22 | プライベート | Trackback | Comments(3)
クライミングに関わらず、ハードなトレーニングのあとにアイシングを行うのはもはや常識となっている今現在。

ぼく(ハシモ)も2年くらい前から、アイシングしてます。

せっかくずっとしてきたので、その成果(?)を報告しようかと思います。


まず、スプレーとかで冷やすやつは多分逆効果じゃないかと思います。
あんなんじゃ、十分に冷やすことは出来ず、むしろ炎症を促進するのではないかと思います。

あと、クライミングに関しても、指だけアイシングしても同じようです。

指のアイシングはバケツに水をなみなみと注ぎ、氷で10度前後まで冷やしましょう。

そして大事なのが、出来るだけ肘までアイシングすることです。

そして、感覚がなくなるまで冷やして、それを10分から20分くらいまで続けたらいいんじゃないかと思います。

一時期アイシングしなくなった時期がありましたが、途端に関節がおかしくなってきました。

やはりアイシングは効果があるようですね。
橋本
by hacblog | 2008-10-26 20:09 | プライベート | Trackback | Comments(0)
f0182938_18243573.jpg

f0182938_18243594.jpg

f0182938_18243665.jpg

f0182938_1824365.jpg

data:2008年10月17日~19日

1日目》(裏妙義山)
(前夜発)横川駅~産泰山~御岳~丁須の頭~籠沢~国民宿舎近辺
2日目》(表妙義山)
国民宿舎~相馬岳コース~相馬岳~白雲山~大の字岩峰~妙義神社~磯部駅

》》山自体は面白く、冒険心、知的好奇心がくすぐられる山でした。紅葉はやっと色付き始め、というところでしたが、明るく見晴らしが良いきれいなところです。

個人的な率直な感想は……、少し物足りなかったかな??という感じです。
妙義山は裏と表、1dayが充実して面白いと思います。ただ、クライミングをかじっていない人は大分印象が変わってくるでしょう。

またまた個人的には…。
私はゼミで民俗学、特に修験道をかじっているので、道々の修験者の修行の跡を見られたのが、大変興味深かったです。

妙義神社奥の院…

どでかいチョックストーンにより造られた洞窟のなかに、石碑と地蔵尊が奉られていました。洞窟の中は少し湿っていて薄暗い。そこに天井のわずかな隙間から光が漏れている。人によっては、ただ薄気味悪いだけかもしれない。

だけど…

自分にとっては、(ここで修験者たちはどんな祈りを捧げてきたのだろう…。)と、思いを馳せるだけで、心が洗われるような気持ちになるのでした。

池下
by hacblog | 2008-10-20 18:24 | 合宿 | Trackback | Comments(2)
今日は千葉大のS井くんと登ってました。

ボルダーに関しては、自分より彼の方が強いです。とある難しい課題のムーヴを教えてもらいました。

また、なぜか東秀磯さんがいて、一緒に登りました。いろいろ教えてもらえて勉強になったぜ!

今日も面白かったです。

ハシモ
by hacblog | 2008-10-19 23:41 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
昨日は久しぶりにTウォールに登りに行った。

千葉大のS井くんと、早稲田大のN山くんがいた。ルートをやっていたが、何だかぼくもTウォールでひもを付けたくなった。

ぼく(ハシモ)はボルダーをやりにきたのだが、二人もクールダウンでボルダーやってたので一緒に登りました。
特にS井くんは強かった。ボルダーだけなら自分より強いなあ。

N山くんも努力家ですね。

よい刺激となった日でした。

ハシモ
by hacblog | 2008-10-19 11:02 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
Mバラ監督とぼく(H本)で金毘羅岩行ってきた。

Mバラ監督はハプスブルク(5.12c)をトライして、本日2回目で完登した。結構必死に見えましたが、そこそこ余裕だったと言ってました。

ぼくはデジタルモザイク(5.13a)をトライしたが、登れなかった…。
でも、本日3便目(通算6便目)は恐らく200%の可能性で登れるはずだったのだ!!
核心の3連発アンダーホールドから、遠いピンチ持ちするカチをとるムーヴがえらく余裕があって、「これはいける!」と思ったら、その後のレストの出来るスローパーが左右両方ともびしょ濡れになっていて、焦ってしまったのか、さらにその後のアンダーからカチをとりにいく所で墜落…。
非常に悔しかった。

Mバラ監督もトライしましたが、とても難しい様でした。

次回は(二人とも?)登れると思います。

話は変わりますが、昨日のコーチ会後の呑みではご馳走になりました。
偉大なる大先輩方と一緒に食事するのは、たいへん恐縮ではありますが、楽しかったでーす。

いっぽんやりハシモト
by hacblog | 2008-10-17 18:00 | 合宿 | Trackback | Comments(2)
昨日は週一の合同トレの日。みんなでボルダーやりました。

荒井さんと法政大学の職員の方(3名)も登りに来て、わいわい楽しく登ってました。

H浦クンにぼくのV10をあげましたが、ぴったりだった模様。自分には先端がきつ過ぎて、履きこなすことはできず、宝の持ち腐れとなっていたのでよかった。

部会の後、現役みんなで呑みに行きましたが、とても楽しかったな。いやはや。

ハシモ
by hacblog | 2008-10-16 18:03 | プライベート | Trackback | Comments(1)
大分時間がたってしまいましたが。夏山合宿、縦走編の後半部分です。


17日(日) 濃霧
荒川小屋 休養日

 南アルプスのド真ん中で休養。一面濃い霧に包まれていて静かだ・・・。それでも僕たちの小さなゴアライトは確かに存在している。と、思っていたら、大きな体操の声が。どうやら明治が来たようだ・・・。

 残りの縦走に備え英気を養う。順調にいけばあと4日で下山だ。何だか寂しいなぁ。


18日(月) 晴れのち霧
~赤石岳~百間平~百間洞山の家
f0182938_19393872.jpg
 朝、素晴らしい富士山が見える。赤石岳からの眺めは抜群!赤石岳避難小屋のベンチでお昼を食べる。なんだかとても、のどかである。

 百間平はなかなか素晴らしい所だった。どう素晴らしいかは上手く表現できないが、行ってみれば分かる。北アの雲ノ平チック。ただ花は咲いていない、でもここには小屋もなければ人もいない。僕らしかいない・・・。

 百間洞には関西の方のワンゲル、明治大山岳部、そして夕方からは東京農大の山岳部がテントを張る。多くが大学生だ。そして大所帯。その中で僕らは2人・・・。来年はもっと大人数で来よう!午後のラジオで、甲子園決勝で静岡代表が敗れたことを知る。
f0182938_19403075.jpg


19日(火) 強風(ガス)のち激しい雷雨
~兔岳~聖岳~聖平小屋

 今日はコースタイムが長めなので、早起きする予定だったが寝坊。強風吹き荒れる稜線を僕らは歩く。兔岳の避難小屋がなかなか見つからない。登山道脇の草むらの中にあった。ここで弁当を食べる。中は恐ろしく汚い。お化けも出そうだ。あまりの汚さに池下先輩は食欲低下、僕に少し分けてくれる。やった!
f0182938_1941307.jpg

 聖岳は本合宿最後の3000m峰!感慨に浸りたいが、風はさらに強まる。すぐに下山するが、すごい強風。

 聖平でテントを立て、紅茶を飲む。濡れて寒い時にテントの中で飲む甘い紅茶は、とてもホッとさせてくれる。僕の好きな時間の一つだ・・・。夕方激しい風雷雨になる。まるでゴアライトの性能実験のようだ。ウォーターベットになる。


20日(水) 強風(ガス)のち晴れ
~上河内岳~茶臼岳~横窪沢小屋
f0182938_19422331.jpg
 雨は降ってないが稜線に出れば、風、風。上河内岳の山頂は凄まじい風だった。本合宿最後のピーク、茶臼岳に上がる。ガスっていて景色は決して良くないが、あ~ここまで来たんだなぁという気持ちになる。

稜線からはずれ、谷間に入ると風は止む。横窪沢小屋はとても良い所。またまた池下先輩が気に入る。午後は陽だまりの中、ボンヤリする。合宿最後の夜が来る。明日はもう下山だ・・・。何だかもっと山に居たいなぁ。


21日(木) 雨のち晴れ
~ヤレヤレ峠~畑薙ダム~白樺荘

 朝、予備食を開放する。二回炊きにして、握り飯を作る。楽しい。
f0182938_19434111.jpg
 途中ウソッコ沢の避難小屋で雑記帳を読む。池下先輩が高校の時の知り合いを見つけ、僕も高校山岳部の先輩で、今は某大学山岳部の先輩の記事を見つける。山は狭いなぁ。ふと並んだ緑と赤のガッシャ(ザック)を見ると、ずいぶん小さくなったもんだ。

 綺麗な沢を見ながら、下山。僕は合宿最後になって動物のフンを踏み、さらにザックがヘドロに浸かる。最悪だ・・・。

 畑薙のつり橋はなかなかの物だ。実は秘かに、ここからダイブしたかったけど水が干上がってる。ダイブする勇気は無いけど、残念!

 その後は林道を白樺荘まで。歌を歌いあったり、最後は走る。ゴールの白樺荘で最後の合宿体操をし、握手をする。「お疲れ様でした」。


その後・・・
f0182938_1948375.jpg
 井川駅から、大井川鉄道のトロッコ電車で接阻峡温泉駅まで。ここには池下先輩の母親の実家があり、今晩はここでお世話になる。のどかで虫の鳴き声が聞こえるイイ所だ・・・。夜は久しぶりの新鮮な夏野菜と肉で焼肉!旨すぎる・・・。旨くて僕は嫌いなナスにも箸がすすむ。疲れている僕にはビール一杯でほろ酔い気分に。そしてこれまた久しぶりに布団で寝る。幸せだなぁ・・・。

 翌朝は、茶畑の消毒作業をお手伝いしてから、温泉に浸かる。そして、ここで池下先輩と別れる。2週間以上の長きに渡って、ありがとうございました。そして元気なおばあちゃん、ありがとうございました。

 僕は再び電車に揺られ、麓の島田まで。ここで、早大山岳部、中山の家へ行く。お互いに夏山合宿や山の話をし、夜は今夜も御馳走だ。

 翌日近くの高校と世界一長い木造橋の蓬莱橋を観光する。そしてアピタで飯を食ってから、中山と別れる。どうもありがとう!小田原まで行き、箱根登山鉄道に乗り換え、僕の実家である箱根に帰り、僕の夏休み前半は終わった・・・・。
f0182938_19484647.jpg

鈴木
by hacblog | 2008-10-11 19:56 | 合宿 | Trackback | Comments(0)