ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

2009年 02月 16日 ( 2 )

 ☆八ヶ岳山行の後編です

2月12日(木) 晴れ
~大同心稜~小同心クラック~横岳~硫黄岳~行者BC

 朝、起きると見事な快晴だ。放射冷却か、空気がツンといいアンバイに冷えている。

 一般登山道は踝ほどのサラサラの積雪。アプローチ、大同心稜の急登をこなし、最後の20分程の登り坂では腰近くのラッセルになる。誰もいない純白の斜面に息を切らしトレースを付けるのは気分がいいですね。

f0182938_152479.jpg
 大同心から小同心クラック取付までは程よくクラストしており(一部吹き溜まり)、また背後に素晴らしい景色を背負いながらのトラバースは気持ちイイ。

f0182938_153271.jpg
 小同心クラック1P目は鈴木リードで、以後つるべで進む。時折、手足がカジカムもの、微風快晴に素晴らしい眺めだ。チムニー内はガバガバだらけで、チムニーで足が攣りやすい僕にも全く問題ない。

 動作が緩慢で、稜線に抜け出たときには、ゆうにリミットを過ぎてしまった。それにしても、日陰の横岳西壁から陽射しうららかな稜線に飛び出す感じ、素晴らしい。

 噴煙たなびく浅間山を横目にBCへ戻る。BCでは偶然ばったりと日大の設楽さんと出会う。「奇遇ですねぇ・・・」。


2月13日(金) 曇りのち雨
~中山尾根取付~行者BC~南沢小滝・大滝~摩利支天偵察~行者BC

f0182938_1512166.jpg
                 ↑中山尾根、下部岩壁
 朝、行者でも少し風を感じる。とりあえず樹林帯を抜け出し中山尾根取付まで行ってみる。風がある。普通の縦走なら問題ないが、岩登りをするにはちょっと強い感じだ。これから天気は下り坂なので、安全策をとってアイスクライミングに変更する。

f0182938_15131971.jpg
 南沢小滝、大滝にて今日もアイスクライミングの修行をする。大滝では下半部の易しい部分を僕がリードして、アイススクリューで支点も作ってみる。

 帰りに摩利支天沢を偵察に行くが、途中まで行って引き返す。

 夕方より、雪ではなく“雨”が降り、風も伴う。


2月14日(土) 雨(強風)のち晴れ
~南沢小滝~摩利支天偵察~行者BC

 朝方まで強い風を伴った雨が降る。

f0182938_15204431.jpg
 昼過ぎより南沢小滝へと向かう。が、その道中は水浸し。まるで春先のように木々の枝先が起き上がり始めている。

 南沢小滝は人手があった。小滝の一部は水がビシャビシャと流れている。さながら沢登り、シャワークライミングです。スノーシャワーじゃなくて・・・。今日もリードをする、ガバガバになってきて、大分リードにも慣れた。

 帰りに寄り道して摩利支天大滝を見に行く。氷が薄く、尚且つ大同心大滝よりも難しいようだ。今回は登らないだろう。


2月15日(日) 晴れ
~南沢小滝・大滝~美濃戸口

 朝、テントを撤収して南沢小滝・大滝へと向かう。今日もとても暑い。

 小滝のあと、大滝に行く。とても人が多く、落氷も多かった。怖い・・・。そして最後にもう一回小滝でリードして終わる。

 南沢の登山道は雪解けが進み、土が見えている。南沢も雪解け水で水量を増しゴウゴウと流れている。登山道の脇に目をやれば、フキノトウが。・・・・・・、それは冗談ですが。

 八〇岳山荘のお風呂はスゴイ寒かった・・・。

 茅野の駅で乾杯して、山行を閉じる。

 今回は小滝しかリードできなかったが、いい経験になりました。小同心クラックも楽しかったなぁ。登攀にあまり行けなかったのは残念だ・・・。また今度!


鈴木
by hacblog | 2009-02-16 15:30 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
 2月8日(日)~15日(日)にかけて、八ヶ岳に行ってきました。アイスクライミングや岩登りをしてきました。
 メンバーは、鈴木と橋本コーチでした。


2月8日(日) 晴れ
新宿駅=(JR中央本線)茅野駅

 新宿にて豚珍館に行こうかと思ったが、なんと日曜日でお休み。なので大戸屋へ。

 池下先輩のお見送りと差し入れを頂き、離京する。

 差し入れはとてもセンスの良いものばかりで重宝しました。美味しかった!!ありがとうございました。

 茅野駅のうるさい自販機は、今年は沈黙していた。おかげでよく寝れた・・・。


2月9日(月) 晴れのち曇り
=(バス)美濃戸口~南沢小滝前広場BC(南沢小滝にてアイスクライミング)

 駅の立ち食いソバで温かい朝食をとり、出発!

 美濃戸山荘から南沢の登山道に。僕はこの道を歩くのは初めてなのですが、30分ほどして何だか様子がおかしくなってくる。そう、道は荒れ、しまいには「ラッセル体験ツアー'09」になってしまう。

 どうやら登山道が沢から上がるところを見過ごしてしまったようだ。引き返してみると、僕らが惑わされた踏跡はこの辺りでキャンプや雪上ハイクを楽しんだ人のものだろう・・・。それにしても南沢で迷うとは・・・、恥ずかしいと同時に改めて山は気をつけなくちゃと思う。

 今日は橋本先輩が小滝にトップロープを張り、それで遊ぶ。リードに備え、スクリュー打ちの練習をする。

 にしても、やっぱアズターいいねぇ。特に非力な僕には、ウン。
f0182938_12425797.jpg



2月10日(火) 晴れ一時雪
~南沢小滝・大滝にてアイスクライミング~南沢小滝BC

 今日は終日アイスクライミング。

f0182938_1251136.jpg
 まず、僕が小滝にてアイス初リード。意外と落ち着いて、登れた。怖くもなかった。フリークライミングのリードのほうがよっぽど怖いな・・・。

f0182938_12514873.jpg
 そのあと、大滝へ。橋本先輩がリード。僕は勿論、テンションかけずに登れた。まぁリーシュだから、半分テンションかけているようなものですけどね。それにしても手がカジカムぜ。それぞれ2本ずつ登り、帰宅。


2月11日(水) 晴れのち雪
~行者小屋BC~大同心大滝~行者BC

 今日は南沢小滝から行者小屋へBCを移動する。

 行者には東海、理科大、南山の山岳部がテントを張っていた。

 テントを設営したあと、大同心大滝へ。大同心ルンゼには明瞭な踏跡があり、小同心クラックのアプローチとなる大同心稜へもトレースがある。
f0182938_14384298.jpg
f0182938_14401677.jpg
 大同心大滝は南沢大滝より難しかったです。傾斜も感じました。下半部は埋まっているようでした。

 大滝を登った後、小同心、大同心を間近に眺められる所まで上がってみました。頭がクラクラする・・・。

 夕方より雪が降り始める・・・。

☆後編に続く


鈴木
by hacblog | 2009-02-16 14:45 | 合宿 | Trackback | Comments(0)