ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

八ヶ岳合宿~後編~

2/6の夜。行者小屋のベースキャンプでアイス組と合流。この日は鍋!

作るのに時間がかかり、いつもより遅めの就寝Zzz
f0182938_091515.jpg



2/7
この日は硫黄岳

快晴無風・・・八ヶ岳にしてこの天気は気持ち悪い

トレースもばっちりでこのままでは、つまらない・・・

いざ、赤岩の頭まで直登!
f0182938_0903.jpg


そのままさくっと山頂を踏み、下山。
f0182938_084117.jpg


途中、赤岩の頭の下の急斜で弱層テスト。日も照ってきて、ヒジ6~7回くらいでずれる。

昼過ぎにベースにもどり、ここから雪崩捜索訓練。
(いかにザックを隠すか、悪知恵が働くところ・・・)

この途中でA野OBが合流。

最後に生き埋め体験をし、この日の行動は終了。

2/8
この日は、赤岳から硫黄までぐるっと一周して帰ってくるつもりでしたが、天候は雪。
日が出始めると風も出てきて、文三郎の途中で引き返してきました。

計画を変更し、南沢小滝でアイスクライミング。
f0182938_075167.jpg


アイスができていなかった加藤・田淵・鈴木(こいつは微妙だが)は、喜んで登っていました。
f0182938_08870.jpg

田淵は、このアイスで足で乗る感覚を覚えたようで、帰ってからクライミングがうまくなっていました。
f0182938_082181.jpg


2/9
さぁ、下山日。
阿弥陀からの御小屋尾根を目指し、文三郎を進む。
風はそこまで強くないが、雪が飛んできて冷たい。

このままなら行けるかなと思っていましたが、中岳に立つと、その先には雪がどっさり。

こりゃ無理だと引き返す。引き返し始めると風が強くなり、結構必死で行者まで逃げる。

顔を見ると、みんな左側が凍傷に。

長目の休憩を取って、南沢を下る。八ヶ岳の下山はいつも快適。あっという間に美濃戸口へ。
f0182938_072698.jpg

f0182938_07556.jpg




登攀も歩きも中途半端になってしまった合宿ですが、強風の中歩いた経験だけでも良かったのではないでしょうか。来年はもっと登攀行けたらいいですね。


井藤
by hacblog | 2015-02-24 00:09 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hacblog.exblog.jp/tb/23709920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]