ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

夏山合宿:定着編

更新が滞っていまいました

気温も下がり秋模様の天気になってきましたね


そこで夏合宿のお話です

入山〜定着編


例年通り、真砂沢にて定着を行いました


8/3(金)JR新宿駅=(バス)=富山駅
8/4(土)=(バス)=室堂バスターミナル~剱御前小舎~剱沢CS
8/5(日)~長次郎谷(雪上訓練)~真砂沢BC
8/6(月)~平蔵谷~劔岳山頂~長次郎谷(下降)~BC
8/7(火)休養日
8/8(水)【バリエーション①】源次郎尾根縦走
      【バリエーション②】八ツ峰上半縦走
8/9(木)登攀(3パーティー)
8/10(金)【ロングラン】剣沢~立山三山往復(二年生リーダー)※上級生は休養
8/11(土)【上級生バリ】 源次郎尾根 ※下級生は休養
8/12(日)縦走開始


準備風景

f0182938_1412153.jpg





8月3日恒例の豚珍館にてがっつりと精をつけ、出発!! 

翌朝、室堂に到着しいよいよ合宿開始

f0182938_14184672.jpg


今年の室堂平は暑かった??

雷鳥沢から劔御前への登りで1年生だけでなく2年生もヘトヘトに



軽い熱中症だったのだろうか?


さらに橋本が膝を痛めてしまう、劔沢の診療所で看てもらったところ

合宿継続は厳しいという判断で橋本は2日目の朝下山する事に泣


なんと二年生がひとりになってしまった...たのむ、戻ってこい橋本!!




久保田主将が雷鳥沢まで橋本を送る間に、ほかのメンバーで長次郎谷で雪上訓練をすることに


f0182938_14462232.jpg


一年生は固い雪の歩行が初めてなので慣れるまでは苦戦していた




翌日は平蔵谷=頂上=長次郎谷=BC

平蔵谷は長次郎よりも傾斜が強く良い訓練になった

前半は快晴だったのだが頂上につく頃にはガスって来てしまった

下降の長次郎谷も上部はクレバスが走り傾斜も強い、大事を取ってクライムダウン


f0182938_1527812.jpg





休養日はみな川で洗濯、今年は雨が例年よりも降らなかったらしく、雪渓がキャンプサイトの

すぐ真下まで残っていてびっくり



この日の午後に橋本コーチが合流


翌日は2パーティに別れ、源次郎尾根、八ツ峰上半部縦走へ



源次郎は去年の経験もあり多少スムーズにいけたかな

頂上は快晴で見事な雲海が楽しめた

下りは平蔵谷を下降、取り付きから見ると崖のようで恐ろしいが、慎重にいけば問題ない
f0182938_1542558.jpg


八ツ峰組は八ツ峰の頭で終了し下降したよう
f0182938_15372796.jpg





登攀では、3パーティにわかれ六峰フェイスを登攀

魚津高ルート、剣陵会ルートを登った


剣陵会ルートでは登るスピードが遅く、さらには下降点を探すのに時間を取られ

結局このルートのみしか登れなかった...

f0182938_15491293.jpg





魚津高を登ったパーティは二本目に中大ルートをやろうとしたようだが

岩ももろく、内容も厳しそうであったため断念、軽く講習会をやって帰幕した



次の日は上級生は休養、前田がリーダーになり一年生を立山三山へ連れて行く

久保田さんは遠征への準備のためこの日の早朝下山した


立山三山は天気もよく快適、頂上には小学生の大群がいて辟易した

写真は別山


f0182938_15555959.jpg



順調に見えたところ、帰りの下りで石井が足を軽く捻挫
テーピングを施しゆっくりと歩いて帰幕


たいした怪我でなくて本当に良かった


定着最終日、大平さんと橋本コーチはチンネへいく予定であったが

天気予報も悪いため源次郎に変更

f0182938_15593551.jpg




ほかのメンバーは休養日とした


いろいろとハプニングはあったが内容の濃い充実した定着であったように思う


真砂沢で外で作る食事は気持ちがよかったなー、いいテント場だとつくづく思う


f0182938_1663697.jpg









余談ではあるが、今回の定着では、マッターホルンへむけて訓練に来ていた

イッテQ、イモト隊が真砂沢に泊まっていた

マッターホルン登頂おめでとうございます
by hacblog | 2012-09-27 16:06 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hacblog.exblog.jp/tb/18009305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]