ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

春山偵察山行(毛勝三山)

では、春山偵察山行の様子を写真増量でアップします。
4年・鈴木と2年・久保田で行ってきました。

行先は、剱岳北方の毛勝三山(北から毛勝山、釜谷山、猫又山)で、馬場島から東芦見尾根支稜に取り付きます。支稜から東芦見尾根主稜線に乗っかって、そこから毛勝三山を目指します。この山域、なぜかやたらと猫が出てきます。大猫平に大猫山、猫又山と・・・。なぜでしょうかね。

ちなみに東芦見尾根を末端から行ったら、正気の沙汰とは思えませんね・・・(-_-;)





10月30日(土) 風雨のち曇り
大学=(電車)新宿・豚珍館=(電車)池袋駅=(夜行バス)富山駅へ

夕方までは台風の影響で雨風が強かったけど、夜には雨も上がってくれた。池袋出発だけど、わざわざ新宿に寄り道して豚珍館へ。今回は急遽参加できなくなった大平の見送りを受け、池袋から出発。

バスは豪華!3列シードで快眠。


10月31日(日) 曇り一時晴れ
富山駅=(電車)上市駅=(タクシー)馬場島・ブナグラ谷取水口~東芦見尾根支稜~大猫平~大猫山(東芦見尾根主稜上に合流)~猫又山頂直下BC

タクシーはブナグラ谷取水口まで入ってくれた。最初の内は霧雨がパラついていたけども、その分空気が澄んでいて、紅葉が映える。
f0182938_03405.jpg


東芦見尾根は地形図には登山道の表記が無いが、近年道が切り開かれたようだ。そんでも、整備されているとは言えない。でもこの道は剱岳を望む絶好のルートなのです。
とりあえず1400mまでは、ひたすら急登!
f0182938_07657.jpg

しばらくすると、雲間から対岸の剣が!!
f0182938_082749.jpg
f0182938_084162.jpg
ちょっぴり感動。まるで天空の城ラピュタみたいだ。秋の剣は何だかモノトーンで寂しい感じがするけど、剱っぽい険しさが際立っているように感じる。

さらに、しばらくすると大猫平に到着。池塘が所々広がっていて、もう少し早い時期に、そう紅葉真っ只中な時に泊まりたい場所です。すごく気持ちが良い場所だ。
f0182938_0152523.jpg
大猫平から。左のピークは大猫山。スカイラインは東芦見尾根主稜。
f0182938_0154821.jpg
同じく大猫平から。右端のピークは赤谷山。

大猫山に到着。ここからは毛勝三山と剱が見渡せる素晴らしい場所です。毛勝三山はこうして見ると、かなり堂々としていますね。ちなみに右から猫又山、釜谷山、毛勝山です。
f0182938_0211277.jpg
f0182938_0213262.jpg


f0182938_0235420.jpg
有名どころの、赤谷尾根、小窓尾根、早月尾根。
f0182938_0243244.jpg


この日は予定通り、猫又山頂直下のカールにテントを張る。冬毛に変わったライチョウがたくさんいるし、飛びまくってる。明日は天気が悪いのかな・・・・・・・。やだな・・・・・。
テントに入ると同時に雨が降り出す。携帯の電波が良く入り、天気図を見る。あらまぁ、明日は天気が悪いし、その後は冬型が強まりそうだ・・・。2年の時の横尾尾根の偵察を思い出すな・・・。

夜は冬シュラ。フカフカで気持ちよかったなぁ。でも暑すぎて寝苦しかった(鈴木的には・・・)。


10月1日(月) 風雨のち曇りのち吹雪(雨)
BC~猫又山~釜谷山~(往路下降)~BC撤収~(往路下降)~取水口~馬場島=(タクシー)アルプスの湯

えー、本日の予定は、昼から天気が悪いとのことなので、真っ暗な内から歩き始めて、毛勝山まで一気に行って、そこで日の出を待って、引き返しながら偵察を行う運びとなっていました。

が、しかし。朝起きるとドバドバとテントを叩く雨音(今回はテント本体のみ)。朝飯を食べる時には、テントの壁を手で支える始末。雨風強く、いきなし戦意消失・・・。「自然と勝負しても勝てっこないさ」という方針に変更し、明るくなるまで待機。

明るくなると同時に、少し雨風が弱まる。明日からさらに天気が悪くなるので、引き返しリミット時間を設定して、今日中に下山することにする。

意外に踏み跡は薄いし、濡れた草付きは滑る滑る。結局、釜谷山を少し超えたところでUターン。
f0182938_0422698.jpg
釜谷山。
f0182938_0433849.jpg
指さす方向は猫又山。っと晴れてきたーー!
f0182938_0442671.jpg
ほら見て。下は黒部川、対岸は後立山連峰。稜線付近は冠雪、下部は見事な紅葉。写真じゃ伝わらないね。行った人の特権ですな(*^^)v

テントに戻ると、急に風向きが変わったかと思うと、気温急降下。久保田は寒がる。
そしてついに湿った雪が降り始める。急いでテントを撤収して下山する。
f0182938_0501026.jpg


樹林帯じゃないところだと、吹き上げてくる雪が顔バチバチと当たって痛い。山が完全に冬の様相に変わった。
歩きだして直ぐに、久保田が濡れた草付きで滑り落ちる。ちょっと肝を冷やしたなー。ほとんど雪は積もってないけど、一応アイゼンを出すことに。雪のないところでアイゼンを使うには初めてだけど、効果は抜群だ。

大猫平からしばらく行ったところで、日没に。ここから3時間と少し、ヘッドランプ行動に。久保田は初めての経験らしい。下部は勿論雨だけど、濡れた落ち葉も滑る滑る。

ナイトウォーキング、なんか無心に慣れて好きだなー。果てしない永遠の中を旅しているみたいで(笑)

やっとこさ取水口に下りてきて、あとは林道を歩いて馬場島荘に到着。さぁお風呂だ!!!


・・・・・・・・・・・・・・。

馬場島荘、真暗だ。鍵閉まってる!すごいショック。ずぶ濡れブルブル震えている人間二人。しょうがないタクシーを呼ぼう。

・・・・・・・・・・・・・・。

携帯、圏外だ。。。。。。。。。

駄目もとで呼び鈴を鳴らしてみる。そしたら、しばらくすると管理人さんが出てきてくれた。というか起こしてしまった!!すいません。
でも電話を借りてタクシーを呼ぶことができました。

今日はもう東京に帰れないので、富山の泊まれるサウナに向かってもらう!そう健康ランドチックな場所に。

道中、バケツをひっくり返したような雨に、稲妻が!!頑張って下りて良かった。


サウナで簡単に乾杯して、今年も偵察が終わった。
毎年偵察って、快適ではないですね(笑
だから面白いんだけどね。今回は藪漕ぎが無かったから、少し物足りなかった感もありますが、早く雪のある季節に行ってみたい場所です。

ちなみに鈴木は諸事情により、年内の山行はこれが最後になります。。。



早く春山に行きたいですね~~~。




すずき
by hacblog | 2010-11-06 01:10 | 合宿 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hacblog.exblog.jp/tb/14927590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by トトロ at 2010-11-07 15:14 x
サツキとメイが乗った猫バスが走ってなかった?
大人には見えないのかな?
会津の猫魔ヶ岳にも走ってたよ
Commented by hacblog at 2010-11-07 17:16
トトロさん>
はじめまして?

剱方面では、悪天で猫バスは運休してました。
ってか不純な僕には見えなかっただけかな??

雷鳥はたくさん見ましたけど・・・。あとラピュタは見えたような見えなかったような・・・。


耳を澄まして、春合宿の時に探してみます。