ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

ワクワク

ご無沙汰してしまいました。

先日久しぶりにJAC(日本山岳会)に行きました。夏合宿の計画を詰めたり、普段高くて買えない山の雑誌を読んだり…。
JACに来ると必ず目を通すのが「日本登山体系」です。

今回は、冬にどこに行こうか具体的に決めようと思っていたのですが、資料を集めて、後は面白そうな沢を探すのに終始してしまいました。


私は将来、地元の南アルプス深南部を登り込みたいな~と思っているので、登山体系 南アルプス編の「光岳と深南部の山々」(267ページ~) を熟読しました。


あ~~、こういうワクワク感ていいですね。

あそこ行きたい、ここ行きたいって。夢は語るだけ語っとけばいいですもん。


まずは、

明神谷本谷ですね。きれいで素晴らしい沢のようです。ただし魚を釣ったらバチ当たります。(!?)

あと光岳周辺の沢の特徴は、ゴルジュが多いところらしいです。


ゴルジュ突破したかったら、栗代川本谷がいいらしいです。赤石沢よりはるかに悪沢だそう。まるでトンネルの中にいるような感じらしい。

面白そうだな~。


でも泳ぎが得意でない私にとっては相当な覚悟が必要だ…。


あと光岳登山口すぐ横のリンチョウ沢は、師いわく、岩魚が大きすぎて竿6本折られたらしい。しかもなかなかの悪沢だと。

ひぇ~(汗)

あ、少しは冬のことも考えましたよ。

弘法小屋尾根は面白そうですね~。(割と有名ですよね)

今回得に私がそそられたのは、
西農鳥岳中央稜
農鳥岳北面左岩稜
大唐松尾根

という農鳥岳に突き上げている尾根達です。
樹林帯、岩稜、雪稜…のバリエーションルートのよう。

……夢が広がります(笑)


だけど南アルプスに行くならやっぱり春かな。。

いけした
by hacblog | 2009-07-17 22:11 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://hacblog.exblog.jp/tb/11544783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すずき at 2009-07-19 10:23 x
久しぶりの投稿ですね。どんどん投稿してくださいな!

南アルプス、今からとても楽しみで「ワクワク」してます。

そして南アのバリエーションも日本的(!?)で面白そうですね。。。それにしても栗代川本谷、、、恐ろしくて、凄そうだ・・・。こんなゴルジュ帯をいつか水泳突破したいものです、、、。