ブログトップ | ログイン

法政大学山岳部ログ

hacblog.exblog.jp

法政山岳部の山行記録とかいろいろ。

8月2日から15日にかけて夏合宿を行ったのでご報告です

メンバー
4年 小林、中原
2年 田口、松波、吉田、白井
1年 宗形

8月2日
遂にこの日が来た。夏山合宿が始まってしまう~
4時に倉庫集合、団装振り分けと最終パッキングを済ませるとザックは見慣れた姿に。背負ってみると今まで経験したことのない重さ。
11時に富山駅行きの夜行バスに乗り込みそのまま就寝。
f0182938_03095960.jpg
8月3日
富山駅から電車、ケーブルカー、バスを乗り継いでうとうと室堂BTに到着し10時前に出発。この日は天気が良く室堂は観光客が多く道も補装されていて下界のようだった。剣沢のキャンプ場までなのですぐ着くはずだったのですが自分の体調が悪くバテまくったってしまい5時間以上かかってしまいました。きつかった。剣沢に着くと流石は夏休みの金曜日、かなりの数のテントがありました。きれいに剣岳の見えるいいテン場でした。本日の夕食である試験的に持ってきたホワイトシチュー爆裂に美味く食欲が無いながらも食べきれました。もっと増やそうホワイトシチュー!
f0182938_17212362.jpg
8月4日
剣沢のベースキャンプから雪渓を下り4時過ぎに長次郎出会に到着し休憩。その後長次郎谷を登り小林先輩、松波先輩、吉田先輩はⅥ峰Aフェース魚津高を登り残りは近くで雪訓をしながら待機。その後合流するも予想以上に時間がかかってしまったため待機組の先輩方は同ルートの登攀を断念。14時前にはベースキャンプへ戻ってこれました。

8月5日
前日と同じように4時過ぎに長次郎出合で休憩をとり長次郎を登りV,Ⅵ峰に取り付いた。ここからが長く八つ峰の頭に10時半に着いたとき自分はもうすぐ剣岳だと思っていたのですが岩をロープを張って登っては降りるのを繰り返すためそこに山頂が見えているのになかなか近づけず頂きがとても遠く感じましたが晴れていて終始絶景でした。
f0182938_02330342.jpg
f0182938_02473402.jpg

12時40分登頂。山頂には人がいっぱいでした。その後3時間かけて別山尾根経由でベースキャンプへ帰還。下りも長かった。

8月6日
今日の工程は短いので5時出発。別山頂上から見た硯ガ池がきれいでした。その後、真砂岳にへ向かう途中見た朝日に照らされた雲海が真砂
f0182938_03133425.jpg
岳を超えていくさまがとても幻想的だったですが写真はありません。残念。雄山を登ると神社があり暖かい天気だったのでベンチで日向ぼっ
こをして帰りました。トレランっぽくて楽しかったです。戻ってみると月曜日ということもあり随分とテントが減ってました。
f0182938_03295015.jpgf0182938_03302034.jpg

 


























8月7日
同ルートで長次郎を登り5時過ぎに六峰付近に到着すると分隊。中原先輩、松波先輩、田口先輩はVI峰Dフェース富山大ルート、他はCフェース剣稜会ルートを6時頃に登り始め9時40分登頂。登攀中に富山大ルートを登ってる分隊がみえました。やっぱりクライマーは登ってるときが一番かっこいいですね。その後V,VIコルから降りて長次郎を下って3時半にベースキャンプへ帰還。
f0182938_14102540.jpg
8月8日
本日は雷鳥沢までなので6時半出発、8時過ぎにはもう到着。キャンプ場のベンチで荷物の整理や寝袋を天日干しをしていると近くにテントを張っている方から作りすぎてしまったとゼリーと予定より早く帰るからと食料を頂きました。ありがとうございます!美味でした!!雷鳥沢には温泉があり自分の荒れに荒れた肌も随分と回復しました。綺麗で美味しいものがもらえて温泉もあって最高のテン場ですね。
f0182938_14240690.jpg
8月9日
本日は休養日。温泉に入ったりしながらまったり過ごしました。

1年 宗形

# by hacblog | 2018-09-18 17:13 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
<<<<<<<<<<<<<<ご報告>>>>>>>>>>>>>

突然ですが、ご報告です!!
我々、法政大学体育会山岳部は来月、10月にネパール・ヒマラヤは、クーンブ山群に属する標高6,169mのニレカピークに挑戦します。

ニレカピークはエベレストの高度順応の山としても有名なロブチェピーク(6,119m)と同じ稜線上に位置しており、東およそ16㎞にはエベレスト、17㎞にはローツェが聳え、頂上からの眺めはクーンブ山群の中でも有数の絶景ともいわれています。

技術的難易度は高くないものの、上部が斜度50°の硬いブルーアイスで覆われているなど、我々にとっては挑戦的な登攀要素があることを魅力に感じ、また、ニレカピークは当部としても2012年に遠征を行い惜しくも登頂を逃した山であることから法政大学山岳部として今一度挑戦したいという思いが強まり、この山を選定しました。

登山隊員
・小林雅貴(21) 経済学部国際経済学科4回
・中原悠貴(22) 経済学部国際経済学科4回
・田口観大(20) 法学部国際政治学科2回
・松波翔太(20) 法学部国際政治学科2回

登山隊員は4名、4名ともに高所登山は初めての経験なので不安ではありますが、隊員全員での登頂を目指して頑張ります!!
f0182938_12165612.jpg

# by hacblog | 2018-09-15 12:23 | 海外遠征 | Trackback | Comments(0)
8月10日(金)
雷鳥沢からスゴ乗越に向かう予定だったが、宗形が足をくじいたため室堂まで全員で一旦降りた。診療所で診てもらったが靭帯が損傷しているようなので宗形は荷物を郵送し新幹線で帰る。他のものは雷鳥沢に戻り一泊。

8月11日
改めて縦走を開始する。龍王岳から獅子岳、越中沢岳を通りスゴ乗越小屋で一泊。行動時間は10時間を超え、後半の急登がきつかった。

8月12日
スゴ乗越小屋から間山、北薬師岳、薬師岳、を通り雲の平で一泊。この日も行動時間は10時間ほどだった。雲の平の急登がめっちゃきつかった。わっしょい

8月13日
休養日。身体を休ませる。
一応一人で高天ヶ原温泉に行った。雨が降っていてほぼ貸切だったのでよかった
f0182938_01584208.jpeg
f0182938_01590382.jpeg
8月14日
雲の平から鷲羽岳、三俣蓮華岳、双六岳を通り、双六小屋で一泊。
10時過ぎには着いたのでテント場に余裕があったが、午後になるとテントがぎゅうぎゅうでいっぱいになってた。綺麗でいいテント場だった。
f0182938_01592530.jpeg
f0182938_01594343.jpeg
8月15日
双六小屋から槍ヶ岳に行き、馬場平を通り上高地に下山。横尾から上高地までの間で雨が降ったので最悪だった。槍ヶ岳山頂から見える景色は綺麗でよかった。

白飯


# by hacblog | 2018-09-05 01:27 | Trackback | Comments(0)

今年も三つ峠で6月30日、7月1日にかけて岩合宿を行いました。
四年 小林 中原
二年 田口 吉田 白飯 松波
一年 宗形
青野コーチ 氷熊コーチ
29日に登山口でテントで一泊し、後日裏登山道から登りマルチピッチの練習をしました。天気も良く初めてのマルチピッチでしたがとても楽しめました。上からの景色は気持ち良かった
f0182938_12031210.jpeg
他の大学の山岳部の方たちなどもいて少し混んでいましたが沢山登れました。かなり疲れた…テント場に戻った後は宴会のちキャンプファイア
f0182938_12261932.jpeg
次の日も快晴、いくつかのグループに別れたまにメンバーを変えたりしながら登りました。二日目もケガも無くたっぷりと登れて充実した合宿でした。個人的にはごんべえチムニーが一番面白かったです。突っ張って登っていく感じがめっちゃ楽しいのでオススメですが懸垂下降の時スタックしたので次登る時は降りる場所はずらそうと思います。
一年 宗形

# by hacblog | 2018-07-10 19:17 | 合宿 | Trackback | Comments(0)
こんにちわ!
6月1日〜8日にかけて新人合宿をおこないましたので、そのご報告をさせていただきます。

4年 小林、中原
2年 田口、松波、白飯、吉田
1年   宗形

6月1日
1年初の合宿ということもあり部室から全員で出発し、松本駅でステビをしました。

6月2日
松本駅からバスで上高地へ行き、涸沢のBCでテントを張りました。上高地と涸沢の木や川の自然に癒しをもらいました。

6月3日〜5日
3日間にわたって雪上訓練をおこないました。
3日間とも天気がよく快適に過ごせました。
歩行技術や滑落停止やグリセードなど実践的な練習も交え行いました。
f0182938_13071056.png
f0182938_13045169.jpeg
f0182938_13051017.jpeg

6月6日
この日から縦走開始です。
涸沢からババ平に向かったのですが、天候に恵まれず、朝から雨が降ってしまいました。
15時ごろに雨は止みましたが、行動中は雨が降りっぱなしでした。

6月7日
ババ平〜水俣乗越〜ヒュッテ西岳〜往路下降〜ババ平
この日はまずババ平から水俣乗越に上がりましたが、ヒュッテ西岳がまだオープンしてなかったため(?)なのか、看板がブルーシートで覆われていて、登山道がかなりわかりずらかったです。行くご予定のある人は注意してください!
f0182938_13073700.jpeg
f0182938_13074988.jpeg
ここでかなり時間を使ってしまいました。
水俣乗越に上がってからも雪の状態が緩んでいたので雪渓を歩くときは緊張感がありました。
ヒュッテ西岳から7回目の急な斜面の雪渓が危険であり、偵察に行ったメンバーからその先も雪渓が続いているという報告があったため撤退を決めました。
f0182938_13080814.jpeg
f0182938_13081650.jpeg
ババ平に戻った時は、出発から11時間が経過していました。

6月8日
上高地に下山し、バスで帰路につきました。
上高地は大勢の観光客で賑わっていて、河童橋から見えた穂高が絶景でした。
f0182938_13090255.jpeg
2年 白飯



# by hacblog | 2018-06-18 10:13 | 合宿 | Trackback | Comments(0)